なおログ[Blog]

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月

2022年4月30日 (土)

裏庭

麻生いけばな協会の作品展にて会長自ら御案内をいただき、礼状に一句、花心酌む作品や人集ふ。無季になっちゃったけど、まぁいっか。ほんの数日といえども花とて生き物。日々腐心されている様子が窺い知れて。

見えぬものが見えるように、聞こえぬことが聞こえるように、日々そんな姿勢で接すべし、と禅問答が如き教え説くは幼稚園の理事長。

罪人ぢゃあるまいに顔を隠すなんぞは、と役所通りにて行く手を阻む不審者、この無礼者めっ、と言いかけて気付く、相手はくノ一。が、「せんせっ」などとチャーミングな演出ぶりは只者にあらず。マスクに覆われし面を認識するに数秒を要してしまったが、よく見ればY市議。降りかかる難題に憮然とした表情で歩いていたらしく。んなしかめっ面では人も寄りつかぬ、と言いたげな。

いつも目を惹くタイトル。「老後の資金がありません」とか「子供の学費が払えません」、後者はニセモノ。時事ネタ、現代社会が抱える病巣に鋭く切り込む垣谷美雨さんの最新刊は「定年オヤジ改造計画」。まぁそういう内容であり。定年を迎えた職員に一筆添えて。最近なんぞは退職前に「心得講座」なんてのが催されとると聞いたが、んなことは教わることか。

隠居の身はこちらも同じ。持つべきものは友。議長時代の同窓、関東五市の元職の方々に誘われて。どうせなら三冠、なんて声はどこにもないのだけれども不思議と縁は生まれるもの。三権の長ともならばただの議長にあらず。「秘書」「部屋」「車」どころか「公邸」もあてがわれて。

大年増が相手とあらば鰻でも食わねば太刀打ちできぬ、との毒舌ぶりに、本人前では冗談ではすまぬ。政令市の元議長が出禁なんて、訳ないでしょうに。くれぐれも粗相なきよう再三に釘を刺されるも借りてきた猫では。互いに顔位しか知らぬ相手との面会に悩む話題。与えられた時間は数秒。偶然に居合わせた商談先の社長を相手に何を伝えるか。その場面になぞらえて「エレベータートーク」というのだけれどもそこを意識すべし、と前職時代に。

その間柄は知らぬ、が兎にも角にも「ファン」であるらしく、その名は随分と聞いた、というか「聞かされた」。その旨を告げれば「元気?」と旧知の御様子。ってことは自ずから話題は見えてくる訳で。さすがおらがセンセイ。イベルメクチン、あれもそちらが発端だったはずであり。包容力というか人を飽きさせぬ独特の雰囲気に尽きぬ話題。入口に控える執事役の所作にようやく重い腰を上げた。任期後はぜひ御一緒に、との申出にも笑顔で応じて下さって。

そう、さっきからずっと気になりしは窓外。あれだけの庭があればさぞ上達も早かろうに、との声が聞こえてか、「いや、近くで見ると意外と」との執事役の証言を確かめるべくズケズケと。ふむ、言われる通りフェアウェイというよりも深いラフだな。そこに立ちて気付くは周囲の高層ビル群。贅沢な空間、というよりもこれでは常時監視されとるようで。んな不躾な客など。後日、出禁の通達が届かぬことを願っており。

(令和4年4月30日/2708回)

| | コメント (0)

2022年4月25日 (月)

互助

活動の盛んなるを聞いて入部を申請すれば「ぜひ」との二つ返事もその後に何ら沙汰なく。役所の「検討」じゃあるまいに。千人の中にあって初対面の私に気づくとは、いや、逆にそれだけこちらに「惹く」ものがあらば二冠とて、くどいか。私の仕事ぶり、ならぬ走バカぶりは庁内でも話題とか。途中にてはぐれてしまったものの、完走できたかな、Nさん。

振り子の原理、振れ幅が大きければ逆も大きく、完走後の一ヶ月はいかなるドカ食いも無効、つまりは絶対に太らぬ、それこそがウルトラマラソンなるもの、と教わり。確かにそうだったはずなれど、今や三日で原状回復、どころか上限を突破するは「老い」の兆候か。

ミューザのホールに同じ、対称に見えてさにあらず。身体歪むはその非対称性。内臓の位置然り、顔とて左右同じになく。高齢者に多き腰の曲がりが典型例、歪みは放っておくと酷くなるからそこを予め意識するだけでも。マラソンなど歪み知るに最適。ほんとに左右の不均衡や特定の部位まで露骨に分かり。と、そちらの話題でよければいつでも。

閑話休題。前回は新たな施設よりも巷の意識、などとエラそうなことを申し上げたが、「共存」が如き二文字は時に余計な支出を減らさんが為の口実になったりもする訳で。高まる意識に追いつかぬ役所の対応。「互助」などと立派なことを申しても自らの役割を自治会へに押しつけんとする役所の陰謀にあるまいか、との拭えぬ疑念は互いの信頼関係に負うところ大にして。

そちらの活動を促進すべく設けられた助成制度も自治会間の格差に当該自治会が購入したものをドサクサに紛れて他に利用されてはかなわぬとの懸念、加入が任意とあらば非会員とておられる訳で、「除外」などとは言えぬでしょうに。十分なモノはあれども肝心の倉庫のカギが行方不明、電動ノコギリなど教わらねば使えぬ、そもそもに倉庫の中身を知るは一部だけ云々、と尽きぬ課題。

人の移動に市境なく、寄せられる情報に気付かされる格差。備蓄品に大きな差異あり、とそちらの達人から誘われて隣市の防災倉庫を見学に訪ねた。単なる場所の提供のみならず全市で統一されたその中身はホームページにもキチンと公開されて。比較されるに分が悪く、炊き出し用かまどセット一式など。

が、見るに道具あれども肝心の食材、コメの備蓄なく。災害時に配給されると申しても混乱の最中とあらば届く保証なく。とすると道具なくとも一定の非常食を確保する本市のほうが一枚上手にあるまいか。いや、非常食の備蓄量に正解なく、賞味期限あるだけに更新の必要とて。ならば避難時に各家庭にあるコメや食材を持参してもらうが利口。そこに生まれる助け合いの意識とて、とそんな意識も共有されているらしく。

要援護者の名簿の管理と二次避難所のあり方、災害用トイレ等々。想定すれば「キリがない」とはいえ、備えあれば憂いなく、役所とて及び腰ではイカン。

(令和4年4月25日/2707回)

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

二冠

久々にウルトラマラソンの完走を遂げた。かつてであれば最大の障壁は禁断の果実、食の誘惑。いわゆる「家系」なるものであったり、「らーめんはうす」の肉野菜炒め、「どん八」のカツカレー等々、些か具体が過ぎた。後の二つはぜひお試しあれ。

満腹の代償は小さからず、後悔の念に苛まれつつ、ゴール前では醜態を晒すこと往々なれど、今やそれ以上の難関が。課せられる当日までの体調管理。日々の体温が如く手入力とあらば「抜け道」もありそうなもんなれど、当日の抗原検査だけはいかんともしがたく。

検査キットにて陽性と「思しき」際に表示される青線一本で出場停止とはあまりにも酷く。過去の努力が水の泡になりかねぬ、と断腸の思いで夜の誘いを断り続け、細心の注意を払えども拭えぬ不安。ならば不測の事態に備えて前日位は湖畔で優雅に、と目論むもそんな日に限って。

新議長殿の就任祝賀会。欠席とあらばあらぬ誤解を招きかねず。よもや現職を追い落として再度の登板を狙っておるまいか、なんて。大会は半年以上も前から「安からぬ」参加費を払って申し込んどるのだから何をかいわんや。統一地方選まであと一年。

話題に上がってなんぼの世界。過去の人、などと忘れられることでは。不在の県議の候補に浮上する名。市議の座を譲って県議に挑戦すれば一挙両得、いづれ議長の鉢でも回ってくれば市と県の二冠。絶対イケる、などと何の根拠もない「大丈夫」ほど危険なものなく。何が勝利の方程式だ、バカも休み休み。

さて、本題。常任委員会の論戦も本格化。昨年などスタメンから外れとるだけに発言少なく、全委員中「最低」という不名誉な記録は自慢にならぬ自慢なれど、グランドに立てば話は別と新年度は開幕戦から発言台に立つことになった。

俎上に上がるはかわさき「パラムーブメント推進ビジョン(案)」。そもそもにパラムーブメントなる大本が概念じみた造語というにバリアフリーだインクルーシブだ、計画案の中に紛らわしいカタカナが多用されては心に響かぬ、との指摘はまさに。さすが前副議長殿。

で、当日の論点の一つとなりしは、施設は障碍者の「専用」であるべきか否か。既存の体育館はあくまでも一般用に作られたものであって、専用の施設を新たに作るべき、との市議に対して、既存の使い勝手は改善が図られて然るべきも、共存を目指す視点から新たな専用の施設は考えていない。目下、検討が進む等々力緑地再編整備の新たな施設とて例外になく、同様の視点に基づき云々、と確かそんな答弁が。

共存か専用か、寛容の押しつけこそ不寛容、いわゆる寛容のパラドクスは知られたところなれど、差別を許すな、と専用を作るが逆に差別につながりかねぬか。意に添わぬ役所の答弁に続く追及。どこぞの市のプールなど車椅子の方の為に入水用の昇降機まであるというに、との発言につい反応してしまい。

おい、待て、昇降機が無駄とは言わぬ、が、本来ならばプールサイドに現れし当事者を見て、中に入りたいのではあるまいか、ならば手伝おう、と手を差し伸べる。惻隠の情、というか、そんな意識を育んでいかねば。そこにこそ目指すべき社会の姿があって、施設を充実させるだけでは理想は叶えられぬ、と苦言を呈しており。詳しくは会議録にて。

(令和4年4月21日/2706回)

| | コメント (0)

2022年4月15日 (金)

自費

二月に申請したはずの療養証明書が未だ届かぬ、と地元のN兄から相談が寄せられた。市に問い合わせれば、「ちょうど封入の最中にて週中には御手元に」と担当者。あくまでも不作為の結果とのことなれど、あまりにも「よくできた話」にて逆に不信感を抱かれはせぬか。

コンビニのレジにせよ銀行の窓口にせよ、要領を得ぬは人に負うところ大にして役所のみにあらず。昨今などは役所とて随分と改善された、はずなのだけれども。不運は重なるもの。世故に長けた御仁ならば週明けの朝イチこそ鬼門と知るべしも繋がらぬ電話。時間外は自動音声と初めて知った。

代理人とはいえども申請時に担当の所作に何か予感がしたに違いなく、それが年度末とあらば尚更。「異動」が原因と申してもそりゃあくまでも役所側の都合であって、それを口実とするは逆効果になりかねず。未だ下りぬ承認に業を煮やした当事者から「二」度目の御電話をいただいてしまった。何よりも私が忘れていたかの如く誤解されるは心外。ちゃんと念押ししたはずも、との弁明もどこまで響くか。それでいて自動音声に出鼻を挫かれては。

あの市議ならば怒髪天を衝くところなれど、そこは大人の対応にて「早急に頼む」と告げれば翌日に。やれば出来る、というか、んなことで自らの印象を損ねるは何とも。いつも一方的に断罪しとるばかりで厄介な事案を市議がゴリ押しした可能性はないか。ということで、その申請内容やいかに。

晴天の霹靂に戸惑わぬ為の対策、と申しても近親の死を前提とするだけに。逆に、対策を講じねば切羽詰まった状況に足元を見られかねず。そう、相続税の支払い原資となる土地の売却。四角形の面積求むるに肝心な四隅、そこにあるはずの杭が、「ない」。土地こそ命、境界杭が夜な夜な移動する怪はつまりはそういうことなれど、それは地べたが「土」であった時代の話であって、今や抜けぬ。

道路の舗装や掘削時に抜いた杭を戻し忘れたと見るのが妥当なれど、キチンと事後の点検を行っておりますゆえそれはない、と役所側。おい、アスファルトに刺さった杭が消えるかね。点検と申しても人が為す以上はミスとてゼロにはあるまい。が、消えた杭を巡ってアレコレと応酬を続けるは時間の無駄。位置云々というよりも「ない」ことが問題なのだから改めて測量を実施した上で杭を入れれば済む話。

が、測量を行うは市か当事者か。当人に瑕疵はない以上、市がその責任を負うが妥当であって、ちゃんとその為の制度が用意されているものの。ならば、そちらを利用して、と求むるは当人のみならず。限られた予算に申請待ちの列長く、順番と申しても。自費でやる、とはつまりそういうこと、一刻を争う、であるが故に市議も介入して早めの承認を求めた訳で。

本来は役所が負担すべき費用を依頼主自らが負担して下さるというのだから承認の押印位は早めに。もそっと相手の事情を酌むという姿勢があればこんなことには。惜しい。

(令和4年4月15日/2705回)

| | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

袈裟

御主人の介護に追われる日々も人前では疲れ微塵も見せぬ陽気なMさんが入院と聞いた。告げられし病名は三尖弁閉鎖不全症。九死に一生と聞いて見舞に伺えぬ不義理を詫びるメールを送らば、「嬉しい」の前に「すごく」が二回繰り返され、およそその年齢とは思えぬ賑やかな絵文字入りの返信が届いた。

夫婦間の献身的な介護はMさんのみならず。過去の放蕩三昧の罪を購うべく寝たきりの愛妻に連れ添わんと施設への入居を決意、会社を継いだ息子を頼む、と遺言ばりの別れを告げられたはずも。「おーっ、センセイ、私だ、私、連絡をくれ」との留守電に折り返さば。うちの事務所の近所に「優良」物件を見つけたと。勝手にアンタのシマを荒らしちゃイカンから、と寝言に近く。

脱獄を試みるはいつぞやのKさんのみにあらず、施設を抜け出して物件を探すべく百合ヶ丘と柿生間を毎日歩いていると。あと二件で目標達成。その時は盛大に祝勝会を催すからアンタも、との申出に「すごく」三回も夫婦愛に勝る仕事への執着は生涯治らぬかもしれぬ。現役復帰を果たした当人の御齢九十にて。

そう、目標なくして成長なく。更なる議席増を狙わんと擁立される候補。前回に獲得した票数を見れば複数も可能との読みもそりゃ「均等」に割れればの話。支持率とてどう転ぶか分からぬ。あくまでもおらが代議士の「要請」に応じただけなのだけれども朝の駅頭にて撮影される証拠写真。そこにはコイツはわが陣営にあり、と支援者を囲いこまんとの意図が見えたりもして。

んなもんで役に立つなら勝手に使っていただいて結構なれど、それでいかほどの票に結びつくかは知らぬ。団体の推薦然り、組織内に氏名位は浸透するやもしれぬが、実際に投票するか否かは当事者の胸三寸。むしろ相手陣営を煽る結果に繋がりはせぬか、との声が聞こえてか、しばし後に相手方より届く陣中見舞、ならぬ召集令状。あくまでも名目は「会議」なれど、後見人と思しき大御所の名に集わねば後に、なんて意図は万が一にもないとは思うけど。

こちとら一介の足軽にて大将など遠目にしか。いや、顔は知っとるし、社交辞令上の挨拶とて交わすも君子など豹変するもの、表裏は知らぬ。全県区とあらば市議などゴマンといる訳で、いちいち相手にしておれぬ、配って当然とばかりに「大量」に届く配布物。そのへんは互いに同じ世界に生きる者同士にて事情は察するべし、ということなのだろうけど、であるがゆえに目を惹くは。

配送は失礼とばかりに訪ねていただいた際に秘書の名刺とともに置かれた便箋。そこに記された一文に主へ尽くさんという心配りが見て取れて。秘書と申しても様々、虎の威を借る狐もいれば、いづれ自らも議員として脱皮せんが為の足がかり、欲しいのは肩書であって主の為に身を粉にして尽くすなど。

坊主憎けりゃ袈裟まで、と主の汚名を背負うも秘書の宿命。されど、時に、袈裟が気に入りゃ坊主も、となることを願っており。

(令和4年4月10日/2704回

| | コメント (0)

2022年4月 5日 (火)

縄文

首都圏にあって自然に囲まれたエリアは本市自慢の観光スポット。園児たちの日帰り遠足に賑わう生田緑地を訪ねた。目的は「TARO賞」こと岡本太郎現代芸術賞展。

古典から印象派位ならまだしも現代美術とあらば悩む解釈。慣れた日常から時に異次元の世界を覗くのも。大衆に媚びてまで評価してもらわずとも、と我を貫く芸術家に、その域に到達せんともがく鑑賞者。

一端の芸術家が心血を注いだ自慢の力作にて巧拙を問わば「巧」には違いないのだろうけど、得体の知れぬ作品に意味不明、というのが本音に近く。そんな時にはまことに便利な修辞句が存在する訳で。この作品は極めて前衛的だ、などと申しておけば双方に円く。鑑賞すべきは作品のみにあらず、図録に記された審査評に学ぶ表現。

そもそもにあの異色「とされる」縄文式土器の中にこそ日本人の本質が、と喝破する御仁の名を冠する以上、他を圧倒する迫力がなければ、と勝手に。常設展にてゆかりの画家の作品とともに綴られる同氏との思い出。「アンタの絵はヘタクソなところがいい、オレは上手すぎて困っているんだ」との諧謔的な表現が当人らしく。それも相手との気の置けぬ距離があってこそか。閑話休題。

そこにどれほどの効果があろうか。「密」避けるべく間隔開けて配置すると席が一つ足りぬ。コの字型の席次にて詰めれば何とか、などとイチャモンつけるは意地悪。貴賓席ならばまだしも外野に置かれた一席とあらば疎外感は否めず。議事の運営に協力、いや、譲歩するは最大会派の宿命とばかりに回って来る火鉢。

意欲ある新人では不憫、重鎮を追いやるに姥捨山の扱いをされては、と臥薪嘗胆の一年。挙手発言するにも前の委員の背中越しに背伸び又は起立でもせねば役人の姿が見えぬ。どうせ、カメラにも映らぬのだからいっそ不在でも。いやいや、この間、無欠席に発言回数とて「ゼロ」ではなく、とだけ。

そう、年度末の終盤の一幕。常任委員会への出頭、ならぬ「出席」は初めてと思しき理事者が答弁に窮したことがあって。質問側とてそこまでの悪意はなかったのだろうけど、的を射ぬ、というか狼狽、「しどろもどろ」の状態に漏れる失笑。極度の緊張が招いた悲劇とはいえ、予め想定を用意しておくとか、もそっと悪知恵が働いても。

あくまでも身から出た錆びなれど大の大人に恥をかかせるは何とも。そんな時こそ人の性格が窺い知るに絶好の機会となる訳で。どことなく不穏な雰囲気に更なる追及を狙わんとする陰険な委員が居ないとも限らず。膠着、緊迫の場面に自ら発言の機会を求めて挙手するは新人。

肝心な内容はとうに忘れてしまったものの、場を和ませるに十分。それこそが大人の対応であって席を譲りし甲斐が。座って気付かされる外野の居心地に残留を所望すれど。新年度の配属は最後に残りし「文教」委員会の一枠に。

(令和4年4月5日/2703回)

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ