なおログ[Blog]

« 社歌 | トップページ | 白湯 »

2019年7月30日 (火)

眼鏡

まさに役得...でもないのだけれどもひと足早く昨年度の決算概況の報告を受けた。梅雨明け宣言に恥じぬ夏空とあらば折角の機会もまさに上の空、いや、悪い冗談。ふるさと納税、本市が不名誉な記録背負う流出額のみならず財政の健全化が過ぎて国の補填措置「も」なく。が、心配に及ばず、返礼品の過当競争に国が対抗措置を講じた以上は流出額にも歯止めがかかるはず...。いやいや、「そんなオイシイ制度があるならば」と世間の認知度が向上、更なる深刻な状況が見込まれるとか。これぞ炎上効果、ということでまずはそんな話題から。

負けるは兵家の常なれどその采配に寄せられる批判。当人とて十分、いや十二分に分かっている、苦渋の決断を下さざるを得なかった監督の心境なぞ外野には知る由もなく。暫くは様々な葛藤を抱えつつ、日々を過ごされるんだろうけど、選手とてまだ若い。勝利以上に敗北にこそ得るもの多く、いつの日か分かる日が来る。被災地復興の美談生まれずとも大船渡に怪童ありとその名を全国に知らしめた功績大きく、大黒柱が登板せずと最後まで戦い抜いた選手たちに心からの拍手を。

一流を目指して露国に学んだTさん、当時の先生から聴衆を魅了するには鍵盤を叩く技術だけではダメ、ピアノに限らず様々な経験を積むことが大事と教わったと聞いた。されどそりゃあくまでも若者の特権ってやつで何もその齢で決断せずとも。私のホームページを手がける同い年の友人が何を血迷ったか脱サラの上、世界一周漫遊に。次なる仕事の依頼も帰国後にしてくれと不都合この上なく。出国前にメシを御一緒したのだけれども話題は当人の専門分野。凋落著しい工業都市の復興に美術館が一役買った話とか聞かされる世界の動向。

一流の美術館に旨いメシあり、国内では国立新美術館がイチオシと。店の名こそ知りつつもいつぞやに金沢にて入りそびれて以来。庶民には安からぬランチの金額とてあれだけの贅沢な空間に名に恥じぬ旨いもんを食わしてくれればそれだけでも行く価値ありか。で、肝心の美術館はオーストリアとの外交樹立の節目を記念した企画展。名画語るはおこがましくもそこに優劣などあるものでもなく美意識なんてのは人の勝手、それらしく眺めておれば格好は付くもので。オーストリアといえば音楽は欠かせず、人気はやはりこの作曲家。いつぞやの教科書に見かけし肖像画がそのままに、が、そのすぐ前には肖像画に見たアイテムが。シューベルトの眼鏡。

子の教育に口を挟まぬ、いや正確には挟「め」ぬのだけれども夏休みの宿題が美術館だそうで、そんな時だけ相手頼まれ。中学生以下は入場無料とは粋なはからいながらも仏料理をせがまれてはかなわぬ、ということで巷の宣伝目立つ国立西洋美術館の松方コレクション展に。修復途中の「睡蓮」に収蔵品の苦難の歴史が窺い知れた。巨匠モネへの陶酔とその親交は知られたところなれど、折しも時を同じくして目にした友人の投稿はオルセー美術館にて向き合いし一枚「死の床のカミーユ」。貧しきモネの運命を左右した代表的作品。

(令和元年7月30日/2514回)

|

« 社歌 | トップページ | 白湯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 社歌 | トップページ | 白湯 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ