なおログ[Blog]

« 電柱 | トップページ | 天賞 »

2019年1月30日 (水)

鶴見

「重箱を棚に納めて女正月」とはY子さんの句。正月に追われた女性たちが休めるのがこの頃だそうで十五日をそう呼ぶ。十五日といえば成人式。今や国民の休日なんたらで日が動くからその日に限らんのだけれども式を終えて夜に繰り出す彼女たちを「夜に晴れ着捨つとも目立つ新成人」と詠んだ。

恒例の新年俳句大会に向けて作品集が届く。五句選句の上、天賞を添えて当日持参とのこと。寄せられる投句多くも空席目立つは年には勝てぬ健康上の理由か。私などは図抜けて若く親子以上に年齢離れた面々。「屠蘇祝ふ齢一つを賜はりぬ」に老境の域ともならば齢は「賜はる」ものと気付かされるし、「意を決し傘寿に五年日記買ふ」、「恋歌留多拾ひて八十路の坂越えん」との句を見れば並々ならぬ「性」いや「生」への執念というか渇望が窺い知れて。

負けておれんと奮起した訳でもないのだけれども二年越しの悲願達成すべく、目下、箱根往路に挑戦中。天下の険を含むおよそ百キロの過程は知る人ぞ知る長距離の練習コースだそうで鉄人などは一日で成し遂げるも私などはようやく鶴見中継所に到着。そう、まだ一日しか走っていない。無償どころか(金銭を)貰っても絶対にヤダ、正気の沙汰ではないの声など聞こえぬ、参加費一万七千円を「払って」挑む百キロの枠は三千五百五十名にてバカの数はいかほどか。

それが登竜門というか聖地と呼ばれるサロマ湖100kmウルトラマラソン。申込開始は夜八時。「まぁ一日位は...」と翌朝に後悔したのが一昨年。で、前年の反省を踏まえて早めの帰宅、夜の十時に向き合えば既に〆切、が去年。何も帰らずとも便利なスマホがある訳で酒席とて途中退席すれば...運悪くクラシックの定期演奏会に重なった。演目はリムスキー・コルサコフの名曲「シェエラザード」も涙を飲んで。

五分前にログイン済ませ、時報とともに登録ボタンを押さば混雑表示の画面。開始時に混み合うは当然。画面中の三十秒タイマーが動いている間はそのまま待てとの指示に経過すること三十分。つまりは六十回の更新も依然として登録画面現れず。スマホ以外を持ち合わせておらんから何も出来ず画面を見続けること約一時間。募る苛立ちに登録さえ終われば前祝でワインでも...なんて愉しみが脳裏をかすめたのが甘かった。ようやく画面が表示されたと思いきや「エントリー終了」の字幕。

ワインどころかヤケ酒だよヤケ酒、いや冗談、落胆のまま帰路に。それも昨年、一昨年のように不作為の結果であればやむなしも万難を排して、確かにそこにほんの数秒の狂いはあったかもしれんけど。往生際が悪いとはまさにこのことで頭をよぎるはそのことばかり。が、悔いてやむなく、新たな挑戦求めるもそれに匹敵する大会なんぞは...あった。

雄大な自然広がるも国内屈指の過酷な百キロ。その道の師と仰ぐ鉄人含む挑戦者がことごとく成し遂げられなかった完走。いわゆる「野辺山」への登録を終えた。何よりもそんな目標なくば不摂生な日々が続くだけに四月本チャンを迎える上で格好の目標ではないかなどと全て独善的に解釈して。花の二区を走る機会を狙っている。

(平成31年1月30日/2479回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

|

« 電柱 | トップページ | 天賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59001/67639904

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴見:

« 電柱 | トップページ | 天賞 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ