なおログ[Blog]

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018年10月15日 (月)

丁稚

実りの秋、五穀豊穣を祝う祭礼を終えた。膝元ならずとも顔出せば「用意してあるから」と手渡される神輿担ぎの半纏は村人の証。返却はそのままで結構と言われるも汗まみれは失礼、大切なモノを借りた以上は...と御礼を添えて後日改めて恩人の御自宅を訪ねれば畑仕事の小休止、縁側に腰かける親子の奥には獅子頭が飾られていて。御一族の弥栄を願いつつ、庭で採れたイチジクを頬ばった。

翌日に残るあの...倦怠感なんて言えばバチが当たるから心地よい疲労感に道中の苦しさ紛らわす作り笑顔はどことなくマラソンに似ていなくもなく。名を売るに必死の新人候補、縁起物といえども慣れぬ肩を酷使しては明日以降に支障をきたすぞと年長風を吹かせれば終始担ぎ通したばかりか宮入後の歌謡大会ではギンギラギンを熱唱「した」というか「していた」と人づてに聞いた。侮れぬ根性はどこまで有権者に響いたか。

そう、ここだけの話、あのカラオケってのは嫌わずともどうにも好かず。まぁそもそもに縁なく、サビ位は知るも歌詞を覚えようなんて気にもならず、歌手ぢゃあるまいに人前で臆面なく熱唱するなんてのは正気の沙汰とは...いや、端倪すべからざる才能と世辞でも述べておくけど、そこまで好きなら好きなもん同士で勝手にやって下されば何ら不都合はないのだけれども付き合わされるは世にいうパワハラではないのかと。分かるかなこの心境。

同じ言動も甲は許されて乙は許されず、恣意が左右する判定。それはさすがに...そう思わずとも勝手に断定されてはかなわぬ。所詮はカタカナ表記の舶来文化ゆえ好かんのだけれども何でもかんでも烙印を押す風潮はいかがなものかと思わんでもなく。やはりカラオケの誘いも拒まずに...違うか。

さて、些か自慢めいた物言いながら多読家にてそれが実になっているかは別にして月に十冊は下らず。今やスマホの電子書籍で複数冊を同時に読むのがささやかな趣味。ジャンル問わぬも伝記が贔屓の一つであって、小説である以上、下駄に着色は当然ながらもその作家がその人物をいかに描くか、問われる作家の力量。あれだけのホールを作り得た背景には少なからず創業者の理念がある訳で。

純ちゃんのオビに惹かれた訳ではないのだけれども最近の一冊に伊集院静氏の「琥珀の夢」があって、サントリー創業者の鳥井信治郎の生涯を描く。冒頭に登場するは丁稚時代の松下幸之助。主人の命にて舶来の自転車を届けた客先で憧れの人物からかけられた「坊、気張るんやで」。幸之助はその邂逅を終生忘れなかったとのくだりで始まる。

かくいう信治郎も商家の二男坊にて幼少より丁稚奉公に励むも冷飯の日々に押し寄せる数々の試練。理不尽な仕打ちに愚痴もこぼさず全ては勉強の姿勢を貫く信治郎に不思議と拓ける道はまさに塞翁が馬。往年、幸之助にかけた言葉はかつて自らが遥か雲の上の主人、小西儀助からかけられたものだった。

成功の陰に忍耐あり、すぐに「欲しがりません...」に結び付けられてしまうのだけれども失うに惜しい価値観ではないかと。

(平成30年10月15日/2459回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

言霊

県内屈指の進学校、台風接近に生徒の懸念は帰路ならぬ校門前の...「ぼろや」。そんな時に心配される位だから外観は推して知るべしなのだけれどもそれにしても随分な命名ではないかと妻に問えば生徒誰もが名を知る人気店だそうで。名物は「なかよし」、正確にはなかよしうどんってんだそうだけど、揚げ玉に油揚げ、たぬきときつねってことで値段百円也。当時の話。

侮れぬ夢枕、いや、言霊の力。少し前の原稿に「首都圏こそ免れているものの」との一文を盛れば進路も...そう、直撃。目立つ運休の文字に本日閉店の貼紙。どこぞの避難勧告に同じ、万が一、事故にでも遭われれば責任を問われかねぬとの懸念は分らんでもないのだけれども頻発される「閉店」「運休」は些か過剰過ぎやしまいかと徒労に終わった店の前でボヤいてみるも深夜の暴風に色褪せた顔写真の貼られた掲示板が宙に舞ったと聞いて...やはり賢明な判断だったナ。

残る爪痕。事務所の道路向かいに樹林地があって春にはちょっとした桜の名所なのだけれどもその巨木の一本が...。かろうじて電柱が防いでいるものの、あの重量であれば長くは続かず。早朝より役所に対応を指示すれば民地を理由に反応鈍く、暫くの猶予を...。んな悠長なことを言っとる場合か、と二の矢放てば夜には何台もの大型車両が駆け付けて事なきを得た。それにしても東電の対応早かったナ。

問われる危機管理体制。降雨量を多目に見積もった新たな浸水被害想定、洪水ハザードマップ改訂版の公表は災害時の注意喚起を促す狙いも住民側の求めは次なる一手。危険箇所に指定された以上は...ということらしく。ならば不安煽らぬ為にも情報は伏せておいた方が...とはならぬ訳で。「至ル処守ラント欲セバ至ル処危ウシ」とは孫子の兵法。次から次へと広がる不安。

懸念払拭されるに越したことはないのだけれども台本通りにいかぬのが災害対応。あとは現場適応力で...ってのがホンネなんだろうけど振らぬ賽の目を理由に公助や共助が疎かにされてはかなわぬ。向けられる他者への批判は危機管理に限った話ではないんだけど、まずは自己責任、そのへんの意識の希薄化を憂慮する一人であって、自助の精神を育まねば社会の負担は増すばかり。

されど自助と申してみても逃げるに逃げれぬ方もいる訳で障害児者や高齢者、入院患者等の災害弱者の不安は健常者以上。崖地は県、だそうで、土砂災害防止法に基づく土砂災害特別警戒区域、いわゆるレッドゾーンの指定作業が進む。従来の目付役は市の福祉部門なれど災害時の対応とあらば危機管理部門、されど、区域指定が県とあっては時に混乱招きかねず。

立ちはだかる縦割りの壁をいかに克服するか、そのへんの姿勢は相手に見えてしまう訳で重層的な糊代こそ歓迎されども押し付け合いにならぬようとの文面を盛り込んで決算審査特別委員会の総括質疑を終えた。

(平成30年10月10日/2458回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 5日 (金)

二度

まぁ正直、あまり見たくない顔なのだけれども立っちゃったよ、「二度」目の夢枕。立たれて気づく命日に「やむなく」墓参りを終えた。あの様子じゃまだ成仏しとらんかったりもして...あぁ見えて寂しがりやだからナ。くわばら、くわばら。

捲土重来の屈辱戦が私の初陣に重なった。旗印は同じなれどいづれかが落選必至の下馬評。方や地盤おぼつかぬ無名の新人に方や土地の名士とあって「二度」も落選したのでは末代までの恥。表に出さずとも散る火花。結果は予想外の候補が漏れた。私が最下位で彼が一つ上だったか。

期数が左右する世界、幸運にも「同期」にてズケズケとモノは言わせてもらったほうだけど、病床にて迎えの最後まで部屋の末路を案じてたナ。三度目は御免被るから世辞の一つでも述べておくけど、さすがに諸事長けていて原稿なども恥じぬ、というか相手を唸らせる内容に文章力も申し分なく、蛇足ながら筆達者でもあり。

部屋の原稿の八割は自らが手がけたなんてことを吹聴するもんだから中には眉をひそめる輩がいない訳ではないのだけれども確かに言うだけあって自らもよく書かれておられた。まぁ世話好きでね、御節介焼きというか「口出し」も少なくなかった。それも含めて八割なんだろうな。で、現行の役務上、それに近いことが回って来るのだけど、原稿に見るそれぞれの性格。

慣れぬ新人に訂正を指示して届いた返事が、「∑(゚Д゚)」。さすがにそれが顔文字なるものだということは知っているのだけれども意味が分からぬ。了解の意の敬礼に見えなくもないが、不意に頭掻く仕草にも。真意測りあぐねてアレコレ悩んでみるもそもそもにんな抽象的な返事をする当人がいかんのだと憤慨してみたり。

内容の巧拙は兎も角もまずはどうすれば相手に意が伝わるか、相手に読んでもらおうという姿勢、向上心がなくば文章は上達せぬもの。他人様に提出する以上は最低限の見直しの上、誤字脱字、句読点位は抜かりないようにせねば。普段からそのような姿勢で支援者に向き合っとるのかと要らぬ心配。

いやいや、そのへん君子ならずとも豹変は特技にてソツなく振る舞っとるんだろうけど当人の本性が垣間見えたりもして。たかが原稿、されど原稿。夢枕の御仁が健在であれば今ごろは...悔やまれる夭折。

悔やまれるといえば...監督の辞任。冴えぬ戦績に党員数の減少。民放各局による連夜の中継に他球団の本拠地以外はよほどの偏屈者でもない限りは自然と支持層の広がりを見せたのもひと昔前の話。昨今などはCやDeのほうが街中の衣装が目立つ。

最終戦を待たずしての順位画定に逃げる客を繋ぎとめようとの意図は分からんでもないのだけれども、さすがにあれだけの独走を許し、三位といえども勝率は五割以下、それでいて「改めて」優勝決定戦などと言われてもそれまでの百四十試合は何だったのかと。

自力の目が消えた負け惜しみです、ハイ。

(平成30年10月5日/2457回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ