なおログ[Blog]

« 横審 | トップページ | 神風 »

2018年4月15日 (日)

右翼

早朝の苦手意識こそないものの正午以降はしんどく、まぁなるべくなら御遠慮申し上げるのだけれども悪評が残ってはかなわん、汚名返上すべく翌週も向かった先は...。思想的には逆なのだけれどもライトなんて守備位置も用意された上に打順とて下位が順当に違いないけど八番とあらばよもや相手はブログの読者ではあるまいなと勘繰ってみたり。そう、肝心の成績は、四球、遊撃手失策による出塁、そして、最後の打席は二遊間を破る痛烈なヒットと雪辱遂げて球場を後にした。メッキ剥がれぬよう次週からは長期欠場か。

地元の大学生と隣合せの機会があって雑談時の話題がそちらに振れたもんだから一度挑戦してみてはどうかと勧めておいたのだけれども...。ただでさえ苦痛以外の何物でもない過酷な競技に金銭を払って挑戦するなど狂気の沙汰だと誰しも思うのは当然で中には合わぬ御仁もいるのだけれども食わず嫌いはよくない。ましてや、そんな目標なくば減量など到底かなわぬ訳で。

実はこの週末に某所でのフル(マラソン)出場を予定していたものの、初当選以来の恩人の訃報に出走を断念。参加費は勿論、往復の機代に宿泊、レンタカー、そして、延泊しての周遊計画等々のバカにならぬ違約金。受けた恩は金銭に代えられず...などといえばカッコいいんだろうけど、悪天候の予想に憂鬱だったのも事実で。ということで、久々の事務所。千客萬来の客人にあって本市所縁の偉人伝、波乱万丈の人生を聞いた。

忍びよる開戦の足音に疎開先を求めて移住する方々をよそ目に「逆に」本市に移住して医院を開業。医者以上に実業家の視点有する聖マリアンナ医大創立者の明石嘉聞氏の数々の功績と逸話に多くを学んだ。その一つに看護師向け保育園があって、当初は院内の福利厚生を目的とした先駆的な保育園も補助金が入る以上は広く一般にと開放されて...。

減らぬ待機児童。本来であれば産休・育児休暇を取得して1歳児からの入園となるべきも0歳児がそのまま繰り上がるが故に新たな余剰枠少なく、「ならば...」と育児休暇を早々に切り上げて0歳児からの入園申請が行われる事例は少なくない。が、0歳児は1歳児に比べて保育士の配置基準も厚く、そのへん産休・育休を「適正に」取得いただいた上での入園が叶えば保育士不足に悩む状況の改善が見込める他、社会的な負担は随分と軽減されるはずなのだけど...。

逆張りというか逆転の発想で状況が改善する事例は枚挙に暇なく、そちらを模索していかねば社会保障の制度は続かぬ。介護とて症状が改善すれば喜ばれるべきも支払われる報酬は減る訳で理念とは裏腹に重度化が進む実態は本来あるべき姿とはほど遠く。入居者の介護度が改善した事業者こそ、と考案された「逆」介護保険。他分野然り、餌で釣ることへの賛否こそあろうがその視点やよしではないか。

以前、支援者の御婦人から多世代同居が社会負担の軽減に繋がる御話を伺ったことがあった。その後を気にかけておられた様子で早速に御手紙を記せば、「夏のゴルフ楽しみにしてます」と御礼の手紙が届いた。

(平成30年4月15日/2423回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

|

« 横審 | トップページ | 神風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59001/66612559

この記事へのトラックバック一覧です: 右翼:

« 横審 | トップページ | 神風 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ