なおログ[Blog]

« 白恋 | トップページ | 食欲 »

2018年1月15日 (月)

振袖

そのへん抜かりなくぞんざいな態度はあり得んはずなんだけど、長蛇の列を横目に、途中、見知らぬ御仁から小言を頂戴した。「ちゃんと並ばずに役得はありえぬ」と。こちとらバッチをかざして支援者の便宜を図ることはあっても自らが列を追い抜いて粥にありつこうなどというセコい意図は微塵もなく。あさお古風七草粥の会のひとコマ。

黒川の野草摘みに始まる関係者の労をねぎらうべく挨拶にいそしんでおれば、折角来ていただいたのだから...と会長自ら特製の粥を用意して下さって。こちとらそんな御厚意をいただいた以上は何らかの形で報いねばならんのが人の道。会存続の為の募金箱に多めに入れた。

さて、巷で話題のあの一件。例年、おらが神社の流鏑馬と重なることからそちらの下働きをして式典に向かうのだけれども境内で晴れ着姿の新成人を見かけることが少なくない。Yさんの孫娘が新成人と聞いた。神社への参拝後に送迎をせがまれているそうで、私宛に隣区のHセンセイが迎えに来るから御一緒でもと申し出ればぜひ頼むと喜んで下さって。

私が行かねば幕が上がらぬゆえ御心配なく(いや、実際には上がっちゃうんだけど...)などとエラそうに吹いてみたものの、待てど暮らせど約束の時間に現れぬ孫娘。携帯の通話こそ聞こえぬもののYさんの表情から察するに不穏な御様子にてついぞ現れず、もしや...。

いかなる不運が重なったにせよ全ては自らの不徳、御客様並びに従業員には損失が及ばぬようにとなるべきを他人様を踏み倒してでも自らだけは...なんてのは当面はしのいだにせよ報われぬ末路。立場違えど店予約の無断取消も然り。多人数に一人の欠員とて申し訳ないと詫びるのが誠意、店とて聞かずとやむにやまれぬ事情ならば違約金は忍びず、用意した食材は他の客で何とかするゆえとなりそうなもんだけど、無断取消が数十名規模ともなれば...にわかに信じがたく。

仕込みの都合もあるだろうに、それが手付金なんてものなんだろうけど不動産売買じゃあるまいに逃がさぬ口実となっては相手を疑っとるようで些か物寂しくもあり。ましてや一部代金ならぬ全額前払いとあっては夜逃げの前兆と知りそうなもんだけど、そこは相手の弱みにつけ込んだ巧妙な手口。

ハレの日にさばききれぬ需要。本市など新成人だけでも1万2千人もいる訳で、午前と午後に分けて行われるも一向に動かぬ車の列にごった返す会場。全国的な報道が蛮行を助長してきた面は否めぬものの、物々しい警備に囲まれての式典は厳かとは程遠く。新成人を祝う意義こそ薄らがずとも再考の余地はないものか。

本チャンとは日程をズラして行われる心身障害者「成人を祝う会」主催の成人式に来賓として出席させていただいた。こじんまりとしながらも同級生や恩師との再会を喜び合う笑顔は何物にも代え難く。新成人おめでとう。

(平成30年1月15日/2405回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

|

« 白恋 | トップページ | 食欲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59001/66280306

この記事へのトラックバック一覧です: 振袖:

« 白恋 | トップページ | 食欲 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ