なおログ[Blog]

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

発明王

50か100か。50であれば昨年走破済みにてやはり未踏の限界に挑戦してこそ。が、それ以上に50キロの部のスタートが午前十時とあっては起床からの間が持たん。ならば早朝5時の100キロの部で...なんて決意した翌朝に画面を開けば既に定員枠に達してエントリー終了の文字。受付開始は前日の夜8時、枠だって4千人「も」あるはずなのに。サロマ湖ウルトラマラソン100キロ。物好き多いよナ。

以前、どこぞの選挙の応援に駆り出された際に物好きな爺さんに話しかけられて数十分、横で聞いていた級友が「オマエよくあんな話に付き合っていられるよナ」とひと言。話題が何であれ人生の先輩が一所懸命に話しておられるのだから聞いて当然と反論すれば、昔からその才能だけは称賛に値するよと呆れ顔。そんな特技?(ぢゃないナ)が長じてか思わぬ陳情というか「珍」情を受けることになった。

当人の人となりこそ存じ上げていたもののそんな趣味を有していたとは初耳。こちらには夢物語でも相手は真面目そのもの、世に名だたる企業と特許を争うも一歩及ばず、そのストレスからか大病を患い、回復されて数十年ぶりに再び意欲が戻り...と世紀の発明のスゴさを滔々と語るKさん。中学卒業後に丁稚奉公に出られた姿があの御仁と重なる。洗濯糸くず取りの主婦ばりの発明を実用化に繋げる道のりが見えぬらしく。実用化されれば大ヒット間違いなしとの言葉につい欲に目が眩んで実物を見せていただくことになった。

ほんと単純なロの字型の金具なんだけどそれを蚊取り線香の途中におくとそこで火が消える移動式タイマーのようなもので、移動するってことはそこに空洞がある訳だから確かに不思議。捕らぬ狸の皮算用はこちら位なもので当人などは一攫千金を夢見るものでもなく、その発明の成果を純粋に世の中で享受出来ればとの想いらしく。急いては事を仕損じる、やはり巷の主婦の御意見もと事務員に話せば、「蚊取り線香を適当に折れば...」とにべもない。そりゃそうなんだけど。

そんな「珍」情を受けたはいいが、はてどうしたものか。順当に弁理士を紹介して特許庁に橋渡しをしようにもどこぞの事務員が如く機微に疎い面々に相手をされては折角の発明品も海の藻屑、いや、それ以上に他人様に喜ばれるような発明をという本人なりの社会貢献の意欲が萎えては大きな損失。「一応」理系出身の私にはその発明というか発見の喜びというのはよく分かる訳で...。

困った時の相手役、特命係のI氏に事情を話せば庁内の諸々の部門をアレンジしてくれて知的財産に詳しい担当が相談に応じてくれたのだが、これが誠に手慣れたもので特許取得の損得から過去の逸話、また、近年、蚊が病原菌を媒体する事例からその着眼点を称賛。あとは過去に同様の内容が出願されていないかと過去の状況を調べ上げてくれたんだけど、十年前に同じ内容が既に出願されていて...。

「遅かったな」とつぶやいたKさんは落胆どころか胸のつかえが下りたらしく晴れ晴れとした表情。過去の失敗について聞かれ、それはあくまでも過程にすぎないと語ったのは発明王エジソン。地元の発明王Kさん、齢八十余歳にて当日の送迎を買って出たんだけど、徒労どころか車中の話が目から鱗にて。

(平成29年1月30日/2322回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

大河ドラマ

女主人公は視聴率低迷のジンクスを覆せるか。ハナからそんな先入観で見ては関係者に失礼。おてんば娘のおとわが直虎で、その直虎が育てた井伊の赤鬼こと直政、時代を下って桜田門外の直弼と。その途中とて「直」ばかりと何か因縁めいた...そりゃないにせよ、こいつは春から縁起がよさそうで。

政策だへったくりだ...よりもまずは選挙で勝つことだ、初陣の際に確かにそう言われて当時は些かの躊躇があったはずなんだけど、ここに来てなるほど御尤もで、どれほどの美辞麗句を並べてもその実現性は別問題であるし、経済評論家に同じく時々の都合に左右されて絵空事なんてのもありそうだから。そのへん賢い有権者などとうに見透かして別な資質を求めたりもするんだろうけど、演説に実績、資金力とて見劣りせぬ候補者が負けた理由はそこにありそうで...。暗雲立ちこめる世界情勢、あの大国におらがファーストなどと自国の利益を最優先する姿勢を示されては諸々の懸念はあるものの相対的に日本の地位というか評判が高まりそうな気がしないでもなく。

そんな海外を横目に国会論戦スタート。前後の文脈などは知る由もないけど、プラカードからは何も生まれぬとの施政方針に端を発した応酬。「おまえも」の反論は吾子の理屈、名を挙げずとも聞いてむきになるのは思いあたるフシがあるからだとの抑え込みが一枚上手か。まぁ確かに有権者の負託を受けてプラカードに乱闘では税金泥棒との声もやむなしにて。そもそもにプラカードに限らずデモやストも同じ。そこには少なからず困らせてやろうという陰湿な意図が含まれる訳で時代錯誤というか品位に欠けるようでどうも好かん。やはりおだておだてて知らぬ間に相手の翻意を...まぁ何とも平和な国です、ハイ。

さて、同時刻に予定された二つの新年会のどちらを選ぶか。片や時の幹事長に二回生とあっては軍配は明らかなんだけど、およそ大半にとって相手の「地位」ってのが優先度を決める物差しにて一方に群がるもんだから会に箔はつくけど私が如き小兵は埋没しがち。国会のセンセイともなればいつも大舞台の中心にて袖などには目が届きにくく。であれば他方に行った方が重宝がられる上に目立つ。そんな事情は中も同じ。およそ会長とか著名人に群がりやすいけど、そんな人物などは各方面のしがらみ多いからむしろ片隅にいる人物ほど疎かにせぬのが得策か。

ゆえに同僚諸氏なども上は放っておいても下だけはと餅代でも包んで...いや、餅代にもならんナ。そりゃあくまでも寸志の類であって返礼無用と伝えるものの、貰えば返す義理堅い面々にて包んだ数だけ「ほぼ」戻ってくる。「ほぼ」ってのは別に勘定したことはないから。こちとら多忙の中、わざわざ来てもらうのも忍びない上に十分なもてなしも出来ず、いや、それ以上に下手にウケを狙って余計な暴露話でもされた日にはかなわんから来ぬで結構と。いや、この世界には化粧の濃い御仁も少なくないから時にそんな話も一興だったりして。

などと勝手な妄想が進む自らの新年会が迫って来た。

(平成29年1月26日/2321回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

受験

酒席にて隣のSさんとの話題がそちらに振れた。御自宅前の注意看板がふと脳裏をよぎり間一髪で危機を凌いだのだとか。息子と他人の声を聞き違えるとは何事かとの叱責。振り込め詐欺の被害者の中には金銭的な損失のみならずその後の親子関係まで険悪になる事例もあるそうでそんな話を聞くと何とも不憫に思えてならんのだけど全ては最愛のわが子の為と、そんな純粋な親心を付け狙う犯人とあっては余計に許せん。

そもそも親のDNAというか遺伝子を継いでいる以上は突然変異でもない限り末路は推して知るべしなんだけどヘンな期待をかけてみたくなるものらしく...。親の学歴が子を左右する学歴連鎖を打破すべく中卒の親と娘が難関校を目指すドラマ「下剋上受験」がちょっとした話題と聞いた。

かくいう私なども大変な教育家庭に生まれたもんだから親(正確には母親)の意向で机に向き合った時間だけは東大レベルなんだけど結果は御承知の通り。思春期の反抗心が無かった訳ではないんだけど、波風立てず万事穏便に済ます事なかれ主義は生まれつきにて恭順な姿勢を示しつつ、机に向かう退屈しのぎが横山光輝「三国志」。受験勉強以上にそちらから教わることのほうが多かったか。

田舎組だからそんなことすらも知らなかったけれど毎年その日は決まってて、陰でこそこそやっていてもその日の出欠で十中八九は判明するのだとか。「え~っ!何さんも御受験?」なんて。万が一にも風邪や流行病をうつされてはかなわんと大事を取って前日は欠席、以後、不安の連鎖で一ヶ月の長期欠席なんてのもあって、学校側とてそれほどの親とあらば触らぬ神に祟りなしと黙認らしく...。

さて、前職時代の仲間に久々に一杯どうかとお誘いすれば、翌日が御子息のセンター試験だとかでつれない返事が届いた。当人が早く帰宅したところで御子息の点数が上がるもんでもないはずなんだけど、やはり家族の「目」が理由だとか。そんなセンター試験におけるカンニングが過去最多と聞いた。受験者1万人に対してカンニングを含む不正行為が12人というのだからまぁそれほど悲観するものでもなさそうなもんだけど、カンニングといえば大学時代の試験。

留年のかかった大一番、単位を取得出来ずば翌年の授業料もばかにならん訳で、本来はそうなる前に手を打つべきなんだけど、義侠心から私が幇助することになった。縦に伸びた通路を挟んで左右に並ぶ面々、正面は背中に隠れて見えんから斜め後ろがベスト、中でも利き腕があるから相手の右後ろが絶好の位置取りにて最前列が私とO君、勿論、私が左なんだけど二列目以降の位置取りは試験前日の徹夜合宿時のゲームの勝敗とあっては神様にも見放される訳で当日の伝言ゲームは四列八人の最後尾まで届かず...。

今以て恨み節を聞かされるんだけど、そりゃスジ違いってもんで、結果、雨露をしのぐどころかキリマンジャロに挑戦出来る身分になったのだから逆に御礼の一つも返されて当然だと思うんだけど。どれほど手を尽くしても緊張から当日に体調を崩すこともあれば、万事順調に花の東大に合格したにせよその後の人生が保証されるはずもなく、親心とはいえそこまで没頭せずとも...。されどどこぞの細君はそちらの情報収集に余念なく。

(平成29年1月22日/2320回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

残業

吉報ともなれば過ぎぬ程度に流布すればいいんだろうけど、身内の不幸ともなればどうか。大勢の方々に余計な負担をおかけする位ならば...との判断が働いてもおかしくない。葬儀は身内にて済ませるゆえと遺族が弔意を御辞退される際などはほんとにいいものか、御節介が過ぎてあれこれと下手な気遣いをしてみたりもするんだけど、確かに私なども死後の御焼香に来ていただく位ならば生前の投票所に...違うナ。

以前、車が故障したことがあって、時間外にY自動車の個人携帯を鳴らせば二つ返事、こそないけれども御助言をいただいてとりあえずは事なきを得た。これが「時間外だから翌日に」なんて言われてしまった日には右往左往の立ち往生だった訳で。やはり困った時はおたがいさまの精神がなければ世の中上手く回らん、もちつもたれつの社会だから。

そんな短絡的な話ではないはずなのだが、どうもあの一件以降、振り子が一方的な方向に流れつつあることに違和感を覚えてしまう残業=悪の風潮。だいたいが魔女狩りが如くどこぞの政党が積極的なことからしてろくなもんではないと思うんだけれども。

本会議などでも午後5時を過ぎることが予想される際は必ず議事の途中で議長が延長を諮り、「異議なし」となるんだけど、んなことなら諮らずとも「5時以降は翌日に」で許されるか。まぁそもそもに当事者が延長に加担している位だから身勝手な言い分にしか聞こえないんだけれどもノー残業なんてのは帰りのチャイムを待っているようでどうも好かん。

私の前職時代などもゆうに百時間以上は残業していたけれども外資ゆえそれで残業代など支払われるはずもなければ、それが会社への貢献度と評価されるような甘っちょろい話はない訳で業績が下がればどこからともなくプランAだBだなどと噂が囁かれてある日突然「今週限りで...」なんてのはほんとの話。御恩と奉公が通用する牧歌的な雇用体系は日本位なもので海を渡れば冷酷なもんだよ。雇われて当然と勘違いしちゃいまいか。

ノー残業に特別手当の支給は健康理由なんてあったけれども仮に定時退社をしたにせよ、自宅に帰れば片隅に追いやられ(そりゃウチだけか)、酒場放浪にも余計な出費と二日酔いともなればかえって仕事の効率が低下する訳でやはりなんだかんだいっても健全なのは残業だよ残業。

特に若いうちなどは芸の肥しというか成長の糧にもなる上に会社ってのは意外と居心地が良かったりもするもので。そんな名残りかこの前なんぞ休日に出勤をしてみればビル内点検の停電にて復旧まで数時間などと聞かされて行き場所なく、然らば隣の歓楽街にでも...違った。

同じ残業でも意に反すか否か、無償か否かが問われるべきで、雇用の不満は雇われている会社に対して正当な評価が出来ない意識の裏返しでもあるのだからそこまで嫌ならしがみつかずにいっそ転職してしまえばと思えなくもないんだけれどもそれが出来ぬ理由は...。「やってあげる」のか「させてもらう」のか、根底にはそのへんの認識の違いが拍車をかけているようで。多少なりとも謙虚さがなくては世間様から相手にされぬ。

(平成29年1月18日/2319回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

片隅

業界団体の中には昼や午後の開催も少なからずあったりするから市役所にて雑務をこなしつつ、途中抜け出して新年会に駆けつけることも...。そんな折に先輩のセンセイの送迎を仰せつかれば車中の雑談などが役に立つことも少なくない。正月の松飾などはてっきり七草に外すもんだと信じていたんだけど、先輩曰く「七日の風に当てるな」、つまりは六日中に下ろすのだとか。

松飾といえば鳶職人、信心深いもんだから変えた途端に厄難に見舞われやしまいかと浮気もせずに地元の鳶の親方Mさんから購入していて。で、外した後の処理となると家庭ごみとして処分なんてのも選択肢の一つなんだろうけど、やはり縁起物だけに一年の無病息災を祈りつつ炊き上げてもらうというのが妥当なところで区内には今もどんど焼きが残る。

せちがらい時代にて年々片隅に追いやられがちな火気使用、金程地区などは大勢の方々が協力して大々的に行われるんだけど、エビの瀬戸物なども全て外して分別する徹底ぶりで、万が一に備えて地元の消防団も待機しているもののそれでもやはり気に食わんのか「匿名の」通報が寄せられて毎年の如く消防車が駆けつける。

匿名通報といえばやはり厄除けで評判の神社は駐車場が手狭にて横の道路に整列駐車されるんだけど今年は初詣の神事途中にパトカーがやってきて...。さすがに警察といえども相手が相手だけに音量を落として注意を促す気遣いが見えた。通報に出動せねば職務上の責任を問われかねないだけに向こうも複雑なんだろうけど。

そんなどんど焼きに持参出来ない方々の為におらが神社には納札所が用意されているものの、境内には別に炉があって時折そちらの白煙を被っている方を目にするんだけどそりゃ古い木札を燃やす厄落としのすすだから神社仏閣でよく見かけるアレとは違う。

さて、遅まきながら友人のN君から賀状が届いた。どう転んでも達筆とはいえぬが、手抜きなく丁寧に書いた形跡は分かるもので当人の性格が垣間見える。まぁこちとら出していないのだから言える筋合いではないんだけど。

老舗ラムネ屋の三代目社長のN君とは妙な縁で元々は大学時代の下宿先の私の隣人が御当地の出身にてその親友がはるばる上京したというのに彼女とのデートがあるからなどと身勝手な言い分で私が世話役を押しつけられたのがそもそものきっかけ。浪人ウン年、学業はからっきしながらも中々見どころのある御仁にて意気投合、以来、私が...。そんな当人も円満な御家庭と子宝にも恵まれ事業も順調な様子にて今ではすっかり立場が逆転してしまった。

そんなN君が活躍する広島県呉市を舞台にした映画「この世界の片隅に」が人気と聞いた。そちらに疎い私にはポスターがあのアニメ映画に重なってしまうのだが、あちらは監督の知名度に主題歌、制作費や宣伝費は圧倒的だから大入り当然にせよ、こちらは草の根の口コミが広まった結果だとか。聞けば川崎市アートセンター、つまりは市の出資法人が運営する劇場で上映中とのことで好都合とばかりに仕事の合間に伺えば大変な混雑具合に「完売」とにべもなく。

となると余計に見たくもなるもので...。御当地を語らせれば郷里の如く話題に事欠かないが、鉄板屋台「あしあと」のお好み焼きは絶品にて。

(平成29年1月14日/2318回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

寒空

18歳選挙権なんて時代だから些か影が薄くなってしまったけれども、今も主催者の筆頭格に名を連ねる選挙管理委員会。昨年は四年に一度の改選期にて晴れて委員長に就任されたのは...。地元で御一緒した際に「長らく隠居が続いたセンセイが晴れて...」などと口上を述べれば、「おい、誰が隠居なんだ」とちゃんと耳も立っているようで。

年齢も貫禄もそして所属政党と資格要件は十分、幾分かの報酬が支給されるものの、元来金目には不自由は無さそうであるし、出席を課せられた本会議とて昔の杵柄だけに手慣れたもの、なんだけど...。今回は市長、副市長と同じ理事者側に席が用意されているから自由が利かぬ上に何かと不都合が多いらしく、そのへんを見透かした隣席から二の矢が飛んだ。

「センセイ、現職から質問されたらどうするの?」との鋭い質問に「さすがに元職の大物とあっては相手も怯むはず」と幇間。が、本人にとっては途中退席が出来ぬことこそ苦痛らしく。それも不文律であって特に規定はないはずなんだけど、(質問を)する側に指名権がある訳だから不在を見計らって...なんて意地悪なヤツがいないとも限らんから理事者側はじっと我慢の長丁場。そんな委員長が開式の辞を述べる成人式を終えた。

見知らぬ御婦人、というか若奥様、いや、ママさんに今以て声をかけていただく機会があって、「今も走っているんですか?」と。走り続けてはや十年、当時の少年が今や二十歳、それでも当時一緒に走った記憶だけは残るらしく。やっぱり紹介だけでは印象が薄いんだナ。今年で26回目を迎えた麻生区少年野球マラソン大会。今年なんかは出初式と重なり、開会式にスーツ姿で伺えば「今年は走らんのか?」とあちこちで。

後で着替えて戻って来ると挨拶をしたものの、戻れる保証なく、最初の四年生は中距離コース一周と聞いてならば何とか間に合いそうであるし、それほど体力を消耗するものでもないはずと臨んだものの実際は二周だった訳で...。次の会場には抜け道を駆使して滑り込みセーフなれど、寒空の中、私だけ額にうっすらと汗。いや、うっすらぢゃないナ。

そう、子供といえば、麻生区文化協会が主催する恒例のあさお古風七草粥の会。今年は曜日にも恵まれて並ぶ列には子供の姿も目立つ。花より団子、粥より票とばかりにその横をするする抜けて関係者の労をねぎらいつつ、挨拶を済ませればそのままテントに案内されて「まぁどうぞ」と一杯の粥。あえて目立つところでとの主催者の配慮なんだけれども寒空に入場制限に待つ方々の視線は微妙。

そんな会場で「暮れはわざわざ」と挨拶をいただいた書道教室のK先生は小学校の元教諭。既にいい御齢なんだけれどもかつて地元の郷土史も手がけた先生は子供たちに郷土への愛着を育んでもらいたいと願っておられて、それも単なる知識の詰め込み以上に子供たちに創作の機会を与えることでその独自の視点に気付かされることが少なくないと思い出話を聞かせてくれた。

ロマンスカーで父親と箱根に行った思い出を綴った作品を駅長に持参した経験を有する行動派の先生。駅長がたいそう喜んで人目につくところに展示してくれたのだとか。今や多くの利用が見込めて目立つのは区役所ならず最寄りの駅。近年は私鉄沿線との包括協定が進む本市でも駅に協力をいただいて子供たちの作品展示の機会を設けてみてはどうかと。

(平成29年1月10日/2317回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

酒豪

小心者ゆえ目上の人の着信にすぐ動揺してしまうんだけど、正月早々K兄からの着信があった。それも起床前の早朝にて恐る恐る折り返せば「今日はオマエが年長者にて抜かりなきよう」と釘。たったそれっぽっちなんだけど、んなことを言われるとどこか頭の片隅に残るもので最後の火の元の確認も怠らずに。ほんの一言、されど一言、さすがK兄である。

神社の御奉仕などといっても所詮はそちらの収益になる訳で活動資金になるのだから決して自慢出来たものではないんだけれど恒例のだるま売りにてこの正月も終えた。氏子は地元の顔役、律義な方々にてこちらの姿を見かければ「暮れはわざわざ」と向こうから。こちとら手抜きの名刺を郵便受けに投函しただけなのだが、その様子を他人様が見れば何やら仕事の御礼に見えなくもなくそんな副次的効果は正直者が報われるイソップ物語の「金の斧」に...違うナ。

さて、おらがまちの銘品に「禅寺丸ワイン」ってのがあって、何かの折に観光協会のブースにて当然の如く1本購入すれば、さっきのHセンセイは2本だったなどと。それが本当かどうかなど確かめる余地なく、ならば私も負けじと...。そんな授業料のおかげでこちらは付き合わずに済んでいるのだが、名入りだるま注文の格好の標的はやはり。まずは「応援してます」なんて囁けば「まいどあり」は確定。あとは大きさだけなんだけどどこぞの好敵手がこのサイズだったなどとチラつかせた結果か、最上段には天井サイズの名入りだるまがズラリと並んだ。

選挙とて毎年あるはずもない訳で片手は下らぬその出費は別のところに向けられるべきではないかと思うのだが、まぁ上客ゆえにこれ以上は言わぬ。格下の市議なんぞはちゃっかりしたもので私に右へならへで横一線、隣村のOセンセイなどはザキヤマよりも一つ下のサイズで...などと謙虚でよろしい、というか人様をダシに随分倹約しとる訳で。そんなこんなで正月なども御奉仕にかこつけて雑談に興じているだけなのだが、正月といえばやはり...酒。

本市にも大師河原の領主と江戸の儒教者の酒飲み合戦に端を発する風習が今も残るが、いつぞやの神社の旅行の際にバスの車中でワンカップ大関8本、乾杯後のビールに夜席の酒を足せば3リットルは下らず、それを私一人で呑んだというのが語り草というか酒豪伝説として定着しつつあるようで。でも、3リットルってのは1升半だからね、目撃者の談によれば「われこそは酒豪なり」だとか、大関片手に「これこそが日本の高度経済成長を支えた酒だ」などと豪語してたってんだから始末に負えぬ。

その一人、Mさんによれば自ら酒豪を自称してそこまで呑んだヤツは初めてだったと振り返る。遠慮気味に自重する周囲を横目にならば私が...と勧められるがままに頂戴していただけなんだけど、翌朝は何事も無かったかの如くケロリとしていたというのだから、さしづめ話半分、せいぜいワンカップ3~4本にビール少々の半升五合あたりが妥当なはずなんだけど同席者が否定せぬところを見るに...。古今東西、世に酒席の失態は数知れず、ちゃんとオチがあるんだけどそりゃ内緒にしとく。本年も御贔屓に。

(平成29年1月5日/2316回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ