なおログ[Blog]

« 寺子屋 | トップページ | 風吹けば »

2013年12月17日 (火)

初霜

朝の冷え込みが厳しい。久々に黒川を訪ねた。小田急線黒川駅から徒歩5分ほどの当地には農地と里山が広がり、疲れた心身を癒すのに最適。既に稲刈りを終えた田んぼ一面に霜が降りていた。

入口にはわれらがJA農協が運営する農作物直売所「セレサモス」が立地し、早朝からの混雑に地場野菜の人気の高さが窺える。ここの農産物の特徴は生産者の顔が見えること。どれも生産者が丹精こめて作った一品。地元のある農家を訪ねた。みかんの出荷に追われて家族総出の仕分け作業。「数へ日や子らの手伝ふ仕分けもの」と詠んだ。今年もあと14日、「数え日」は冬の季語となる。

さて、いつもの社長から早明戦のラグビーチケットを押し付けられたものの、同日に開催された別なイベントを選んでしまったからその扱いを考えあぐねていたのだが、世話になっている大学の先輩に譲ることになった。傘寿を迎える野球部の大先輩なのだが、これが本当に喜んで下さって、久々に大声を張り上げてアツくなったという。「いい思い出をありがとう」と表情に満面の笑みがこぼれた。

そう、政治家は金品の授受に注意が必要。「個人的に借用したもので...」はあまりにも不自然。ましてや相手が相手だけに何らかの見返りがあったのではないかとの憶測を呼びやすい。一方で他にも内緒で懐にしまい込んでいるヤツもいる訳で、格好の標的となる立場なだけに同情の余地もありそうだが、いかんせん額が額だけに何とも...。

さりとて、貰うほう以上に厳しいのが渡すほう。それで便宜を図ったのであればまだしも、私腹を肥やす訳ではなく、「支出」をするのだからそこまで目くじらを立てるものでもないと思うのだが、これがどうして有権者の買収にあたるのだそうで。いまどき「これで票のとりまとめを」なんて古い慣習は通用しないし、それで投票するようなもんでもない。でも、中には律儀な方もいるからなぁ~(笑)。

そうそう、今年も年賀状の受付が始まったと聞いたが、年賀状も答礼を目的とした自筆以外は禁じられている。年賀状も単なる挨拶状なのだから、時候の挨拶文を付けた活動報告を郵送するのと然して変わらぬような気もするのだが、これがどうしてあの当選くじに万が一、当たりでもしたら寄付行為になるじゃないかということらしく。

そりゃ結果としてはそういう不測の事態はありうるかもしれないが、常識的に考えても本人の意図はそこにないのだから...と思いたくもなるもの。何とも時代にそぐわぬ気がしないでもないが、それでも法律で禁止されていたほうが余計な支出も少なくなりそうで...。

ちなみに早明戦のチケットを譲った大先輩は区外の方なのであしからず。

(平成25年12月17日/1604回)

facebook:https://www.facebook.com/naofumi.yamazaki
Twitter:@YamazakiNaofumi

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

|

« 寺子屋 | トップページ | 風吹けば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初霜:

« 寺子屋 | トップページ | 風吹けば »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ