なおログ[Blog]

« 再雇用 | トップページ | 気概 »

2013年6月 4日 (火)

永年勤続

母校の大先輩から近況報告のメールが届いて、六大学野球の春季リーグにおける明大の優勝を初めて知った。3季ぶり38回目。お~おめいじ~♪♪。

そんな大学時代の同級生となるブラックカードの社長から着信があった。渡航先にて依頼しておいたワインを買ってきたからメシでもどうかという。

そんな大学卒業も遠い昔の話。この3月に大学を卒業して就職したばかりの元ウグイス嬢から薬剤師の試験合格の報が届いた。

そして、何といっても...私事、永年勤続10年で全国市議会議長会から表彰を受けることになった。表彰される為に続けている訳ではないのだから気遣い無用と伝えていたのだが、周囲の面々が受諾されたとのことで、「じゃあ、私も...」とありがたく受賞の栄に浴することになった。銅像にはまだまだ遠いけど(そんなのないって!)、これも偏に陰に陽に支援いただいた皆様の賜物であって、既に故人となられた方も少なくないが、心からの感謝である。

受賞に際し、「多少の」御祝金(2万円)をいただいたのだが、過去に村の重鎮から「初任給は仏壇か神棚か両親に上げるもんだ」と教わったことを思い出し、郷里の母に贈ることにした。

実は私どもは「給与」ではなくて「報酬」の扱いになっていて、その支給は民間企業同様に機械的な銀行振り込みとなることからありがたみに欠ける(いやいや、そうはいっても皆様の税金ですから...)。が、初登庁にてバッチを付けていただいた印象は深く、当時の職員の氏名・顔ははっきりと覚えているから不思議なものである。

さて、そんな10年目にして初めてのことなのだが、政務調査費の一部を返還することになった。不透明な使途を追及されて返還するものではなくて、あくまでも自主的な返還。

例年は年度単位の報告となるのだが、今年は国の法律改正により3月分だけ別の扱いとなった。昨年4月から本年2月分までの11ヶ月分は足が出る格好になったのだが、はみ出た分は「同じ年度とはいえども」3月に回せないのだそうで...。

役所に対して、「使い切り予算は言語道断」などと言っておきながらついつい使い切りを考えてしまう自らも同じ穴の貉(ムジナ)なのだが、ここは襟を正して気分よく返納させていただいた。市民の皆様から納めていただいた大事な税金ですから...。

(平成25年6月4日/1408回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

|

« 再雇用 | トップページ | 気概 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永年勤続:

« 再雇用 | トップページ | 気概 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ