なおログ[Blog]

« 1区現象 | トップページ | 益田市 »

2013年6月19日 (水)

お多福

「西表」をなんと読むか。そう、「いりおもて」。でも、なんで?と不思議に思う方は多いはず。こんどは苗字、「東江」と記して「あがりえ」と読むのだそうで...「東」は太陽が上がるから、「西」は太陽が沈む(入る)からと大番頭が教えてくれた。へぇ~~。

さて、なんでここに居るんだろうと思う時がたまにあって、それでも愉快な面々が回りを囲んでいるからまぁいいかと自分を納得させることになる。私の兄貴分である自民党川崎市連の青年局、平野悦男さんが会長を務める「お多福会」なる会があって、どういう風の吹き回しか15周年の記念祝賀会にお招きをいただくことになった。

会長は生粋の川崎っ子。東海道五十三次の宿場町として栄えてきた歴史を有する本市は北部よりも南部のほうが活気があってお祭り男が多い。月一回の月例会、そんな面々が集うのが川崎区のお好み焼き「加賀美」。野球好きの親父さんが居て、いつも旨いもんを食わしてくれるのだが、そのソースが広島名物「おたふくソース」だったそうで、「お多福会」ということらしい。全員が呑んべえだけに祝賀会はどんちゃん騒ぎで幕を閉じた。

そう、参院選近し。神奈川県下で活動を続ける島村大(しまむら・だい)さんの決起大会はスゴい熱気だったそうで...。私は行けずじまいで罪悪感に苛まれていたのだが、翌朝は地元の衆議院議員、中山のりひろさんからの招集命令に応じて、登戸駅に立つことになった。

マイクは弁が立つ議員センセイが握ることになるから私は地声で挨拶をする程度のにぎやかしにしか過ぎないのだが、それでも相当な体力を消耗するのが駅頭というもの。それだけで一日の仕事が終わった位の達成感が...(笑)。それで夜の会合なんかがあったりするのだから昼間の議場でイビキが聞こえるのも無理はない。

有権者の皆様の反応を肌で感じることは大事なことであることは重々に承知をしているのだが、過ぎたるは及ばざるが如し。駅頭の疲労感はハンパではないから、疲れて居眠りをする位であれば、例え票にならずとも昼の仕事に専念すべきではないかと思っていて...。ぜひ、当選のあかつきには昼の仕事に専念して欲しいというのが有権者の本音ではなかろうか。

それでも日々、神奈川県下の各駅で朝の駅頭を続ける本人の体力と根性には恐れ入る。決戦まであと1ヶ月。今日も島村大(しまむら・だい)さんはどこかの駅に立っている。

(平成25年6月19日/1423回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

|

« 1区現象 | トップページ | 益田市 »

コメント

おまえら騙されるな こういう発表会を利用するなんて姑息なやり方だな

投稿: 中尾明慶 元カノ 写真 | 2013年6月28日 (金) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お多福:

« 1区現象 | トップページ | 益田市 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ