なおログ[Blog]

« 益田市 | トップページ | 事前通告 »

2013年6月21日 (金)

値上げ

何が面白いのか、政治家のブログが人気、というか見ている人が結構多いのだそうで。純粋な読者以外にアイツは生意気だから追い落としてやろうとか、相手陣営の方まで様々。

格好の餌食になるから何もせずにだんまりを決め込むのが最も賢いということは承知をしているのだが、それは卑怯なやり方であって、たとえ毎日ではなくとも、世の批判を受けようとも自らの言い分を世に発信していくことは政治家として大事なことではなかろうか、と思っている。

最近もある県議のブログが炎上したというが、私のブログも語尾が強いからエラそうだと批判を招きそうで...でも、いかんせん内容がショボいから(泣)。

さて、久々の自宅での夕飯。妻がひつまぶしを作ってくれたのだが、鰻の値段がものスゴく高かったらしく(でも、やっぱり鰻は旨い)...が、そんな庶民の事情をよそ目に本市が実施主体となる国保(=国民健康保険)の保険料が値上げとなり、通知書が届いた今週から区役所の窓口に問い合わせが殺到したという。

国の通達に基づき、保険料の算定方式を変更したことに伴い、激変緩和の為に本市独自の軽減措置を実施してきたのだが、あくまでも激変緩和の為の措置であることから段階的にその基準が見直され、今年度から年間の保険料が数万円程度の値上げとなる方が発生することになった。

以前は納税額に応じて保険料が算定される税方式だったものが、変更後は本人の所得に応じて算定される所得方式に変更となったのだが、保険料には通常の医療分以外に後期高齢者支援金や介護納付金等の分が上乗せされていて、その上げ幅も小さくないことも判明した。

私どもセンセイも国保(=国民健康保険)の加入者となるが、公務員が加入する共済組合やサラリーマンが加入する組合健保と違い、加入者の構成が歪な国保は所得の低い方も多ければ医療給付も多い。市の特別会計で運営されているのだが、その厳しい財政運営を反映してか毎年、一般会計から数十億円単位(平成25年度予算ベースで94億円)の繰入がなされている。

今回、課税所得が190万円しかない人が40万円の保険料を支払う一方でその10倍の所得の方が70万円という保険料はおかしいとの指摘もいただいたが、そんな方々には軽減措置も用意されている。私の保険料は70万円(ちなみに、所得は10倍に遠く及びませんけど...)だが、まず医者にかかることはないので、掛け捨てに近く、不満がないと言えば嘘になる。

そして、その多額の繰入分は市民の皆様からの税金。所得の多寡に関係なく、万人の負担が少ないに越したことはない。加入者間の不公平の前にまずは医療費の無駄を削ることが肝要と思っていて...。

(平成25年6月21日/1425回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

|

« 益田市 | トップページ | 事前通告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 値上げ:

« 益田市 | トップページ | 事前通告 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ