なおログ[Blog]

« MICE | トップページ | 空返事 »

2013年5月13日 (月)

代紋

近々、常任委員会の行政視察が予定されているが、「苦手な食べ物はありますか?」と職員に気遣わせることを申し訳なく思っている。多分、過去にわがままなセンセイが居たのであろう。えっひょっとして今も?。さしたる身分ではないのだから本来の業務に専念して気遣い無用と伝えていたのだが、ある事案で伺った小平市では私一人の為に随分とお気遣いをいただいてしまった。

さて、訳あって早朝から街をフラフラしていたのだが、地元のNさんが「山崎さ~ん」と元気に声をかけてくれた。

Nさんと知り合ったのは十年前。既に現職の立場にあったのだが、何かの折に声をかけられた。負けん気の強い性格で言葉もちとキツい面があるだけに、(いつものことながら)知らない人に絡まれちゃったかなと思いつつ、「うんうん」と話を聞いていたのだが、人の話も我慢して聞いていれば自然と相手のことが分かってくるもの。

重度の障害を抱えた弟との二人暮らしというNさんは昭和24年生まれ。「バカ」がつく位の実直な方でこれまでの人生の苦労話とともに自ら生活保護の受給者であるとも告白してくれた。そんなNさんの悩みは区役所の窓口での蔑まれる視線。負い目があるというのは善人な証拠。単なる聞き役だったのだが、以来、Nさんとはマブダチに近い。

市議会においては生活保護の適正化の急先鋒となる私だが、不正を働くのは一握り(いや、二握り)の方であって、真っ当に生きてきた方が不慮の事態で転落することもありうる話。そんな方がどれほどの想いで窓口を訪ねるか。職員は人の機微に敏感でなければならないし、それらの方々の苦労に思いを馳せた時に不正は決して許されるものではないと訴えた。

窓口やCWには経験の浅い職員も少なくない。中には失礼な対応もあるようで、そんな場合は私の名前も使っていただいて結構と伝えてある。こんなキャラだから役所の中では大して怖れられず、むしろ足下を見られそうな気もするのだが、どうしてどうして、Nさんによれば効果てきめんなのだという。

「今のCWは面倒をよく見てくれるよ」と満面の笑みで語るNさん。もしや、代紋振りかざしてCWに迷惑をかけているのでは...。無論、CW当人はこんなブログ見ていないと思うが、その場合は私が本人に話をつけますので(笑)。

(平成25年5月13日/1386回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

|

« MICE | トップページ | 空返事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代紋:

« MICE | トップページ | 空返事 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ