なおログ[Blog]

« 代紋 | トップページ | 開成町 »

2013年5月14日 (火)

空返事

ウィリアム・マンチェスターが記したウィンストン・チャーチルの伝記「最後の獅子」を読むべきだと何かの本にあったことが頭の片隅にひっかかっていて、たまたま本屋に平積みされていたその本が目に付いた。「チャーチル-不屈のリーダーシップ-」(ポール・ジョンソン著)。

チャーチルといえばその個性的な性格と波瀾に満ちた生涯が有名だが、幼少時における乳母は早くも彼の資質を見抜き手ほどきをしたという。そんな恩を忘れなかったチャーチルは生涯、乳母の生活が困らぬよう面倒を見たという。

さて、決して逃げている訳ではないのだが、酒席は早めに切り上げることが多い。「最近、付き合いがワルいよナ」という言葉に敏感なのだが、追い討ちをかけるように「そういう『評判』だぞ」と言われれば、もうそれが殺し文句となる。かくして他の予定をキャンセルして(→させられて)、地元のゴルフコンペに顔を出すことになった(泣)。

昨今は恥知らずというか議員センセイの成り手希望こそ多いものの、町内会の役員や民生委員、地元の消防団等の成り手不足は深刻。おらが応援団となる後援会の役員とて同じ。そりゃ私の人気のせいか(笑)。

久々の地元回り。地元で絶大な勢力を誇ったおらがセンセイの後援会。その婦人部長だから年齢は推して知るべしなのだが、口はまだまだ達者。久々に「御元気ですか?」と気遣えば、「最近、白内障の手術をしたんだけどねぇ、見えすぎるようになっちゃってしわがこんなにあったのかって。残念よねぇ」と。それだけ弁が立てば危急存亡の時だけにぜひ私の婦人部長に返り咲いてもらいたいもの(笑)。

閑話休題。母の日に妻が向こうの母親との食事会を段取りしていて私にも伝えていたというのだが、全く記憶に無い。つい仕事に夢中で(笑)、空返事をしてしまったか、当日は消防団の新旧歓送迎会と重なり、険悪ムードに包まれた。

「最近、あまり地元で見かけないといわれているようですが、実は今日もそんな事情で途中退席を致しますが、みなさんくれぐれも御注意を」と挨拶したら大爆笑。人の不幸は蜜の味である。

そんな消防団とて火災時の出動要請があれば家庭を顧みずに現場に駆けねばならない。家族の理解があってこそ成り立つ仕事。「たまには家族との時間を大事にして欲しい」と昼間の式典時の挨拶で伏線をはっておいたのだが...。

えっその後が気になる?勿論、事なきを得てるから御心配なく。

(平成25年5月14日/1387回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

|

« 代紋 | トップページ | 開成町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空返事:

« 代紋 | トップページ | 開成町 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ