なおログ[Blog]

« 開成町 | トップページ | 責任の所在 »

2013年5月16日 (木)

たかが一球

米メジャーリーグ。日本人投手の渾身の一球に球審の手は上がらなかった。その後、調子を崩し、投手交代。マウンドを降りる本人の表情にはジャッジに対して不服そうな様子が窺える。「たかが一球だろう?」と球審が詰め寄ったものの...。試合後に「その一球を投げる為にこっちはたくさんの調整をして...」と話したというが、投手の言い分に分がありか。

日本のプロ野球はいよいよセ・パ交流戦。そんなおらがジャイアンツの本拠地「東京ドーム」のバックスタンド上に時の企業の勢いを知ることが出来る。久々にスポーツ紙を開いていたのだが、「婚活サイト」の広告が目立つ。

「待っていれば向こうから...」(そりゃやらせでしょ?見ず知らずの人が初めて会ってそんな上手くいくわけないじゃん)と。それでもこんなに大きく掲載されるってことは将来の見返りを期待しての投資か会社がよほど儲かっている証拠か、はたまた慈善事業か(そりゃないな...)と頭の回転が働いた。

古今東西、駅前の一等地を占有するのは「銀行」と相場が決まっていて、ご多分に漏れず、そんな事情は本市も同じ。地殻変動か店舗の合理化か、駅前の一等地に構えていたメガバンクを押しのけて陣取ったのは...マクドナルドとカラオケ店。街頭のマイクしか握ったことはない私は事情に疎かったのだが、巷では意外にもカラオケ店が大人気と事務所の女性が教えてくれた。

さて、10年もやれば今さら目立つ必要もないし...と所属は違えども期数の浅いセンセイに出番を譲っていたのだが、最近のある会合で出番が回ってきて、久々にマイクを握ったのだが、言葉につまってしまった(泣)。

かと思えば別の席では目の上のたんこぶ、いや、違ったトップ当選のAセンセイの後に挨拶が回ってきて...Aセンセイの話はピカイチ。少し前の週刊誌に阿川佐和子さんと安倍晋三総理の対談が掲載されていたが、絶大な人気を誇った小泉総理の後の登板を「ゴルフで飛ばし屋の後に力んでチョロったのでは...」と上手く表現されていた。私もチョロらないように...(笑)。

そうそう、最近は事務仕事を多く抱えていて、自宅での残業が多い。それでも終わらないのだから能力不足を問われても仕方ない。ストレスは息抜きで何とかなるが、仕事量だけはいかんともしがたく...悩みは深刻(笑)。

そんな息抜きにワインの本を読んでいて、ヴィンテージといえばブドウの収穫年。テロワールと呼ばれる土壌以外にその年の天候に左右されることから当たり年のヴィンテージは人気もあって値段も高い。が、狙い目は不作の年。そんな年こそ造り手の資質が試される。まさに逆境こそ人の真価が問われるもの。

あまりまとまりのない話で...。

(平成25年5月16日/1389回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

|

« 開成町 | トップページ | 責任の所在 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たかが一球:

« 開成町 | トップページ | 責任の所在 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ