なおログ[Blog]

« 不足 | トップページ | 福袋 »

2013年1月 4日 (金)

初夢

一富士ニ鷹三茄子。みなさんの初夢はいかがだったか。

育ちがワルいせいか、どんな劣悪な状況でも眠れるというのが自慢の一つなのだが、やはりぐっすり眠れるに越したことはない。出張先の宿泊施設などでも最近は高級ベッドをウリにするビジネスホテルもあるようで、これがなかなか寝心地がいいというのである。

が、やはり何といっても慣れた自宅のベッドが一番。ぐっすりと眠れるように、いや、いびきがうるさいから(笑)、妻や子供たちと寝室も別にしてあるのだが、それもあってか、生まれてこのかた初夢などというものは見たことがない。四十にして寝室が同じというのはおしどり夫婦の証にしても、ベッドが同じなどというのは寝返りのたびに気になりそうでどうも好かん。さてさて。

各区7~10名、川崎市全体で60名(も)の市議がいて、(それが仕事に繋がっているかは別にして)自宅不在率は二人が抜きん出ていることは間違いなさそうである。一人は私、もう一人は...呼び出されるから止めておく。自慢にもならぬと思うが、とにかく家に居ない。帰郷以外に家族旅行などは議員生活10年間で1度もない(はず)。

ということで、この三が日も出突っ張りとなった。元旦は毎年の恒例で隣の神社の元旦祭に招いてもらって、寺への挨拶、その後は区内の神社に選挙活動。いや、違った、初詣。等々。香林寺では幼稚園の理事長も務める住職からためになる話を聞かせてもらう(→いただく)。

二日三日は高石神社にて若手会のみなさんとのだるま売り。初詣客を見ていれば世相が見えてくるし、若い参拝客も目立つ。最近はインテリアにもなりそうな色だるまも好評で、緑や青の健康・安全だるまから黄色の金運だるまなどが早い。愛情のピンクだるまに合格の白だるまが残りやすい。

初老の御婦人が立ち寄ってくれて、「ピンクと白しかないの?、受験もないし、愛情もねぇ~」-「そんなことおっしゃらずに、もう一花咲かせてはどうですか」と(余計なことを)申し上げたら「そうね、可愛いらしいし...」と愛嬌でピンクだるまのストラップを買っていただいた。「今年は娘が受験でね」-「がんばって下さいね」と合格祈願を込めてお売りするのだが、前年の願いが叶ったと御礼に来て下さる方も少なくない。

もちろんバッチを外して私服に神社の半纏を着ているのだが、有名人なもんだからバレてしまうことも...。拍子木は威勢のいい人物がやるのがカッコがいいと思うのだが、「やっぱり勢いのある○民党だから」などと訳の分からぬ理由から乗せられて拍子木を手にするおめでたい三が日である。

「正月から神様の前で仕事が出来るなんてぇのは幸せなこと」と教えていただいたことを思い出しつつ、今年もみなさんの幸多かれと。

(平成25年1月4日/1258回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.24(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 不足 | トップページ | 福袋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夢:

« 不足 | トップページ | 福袋 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ