なおログ[Blog]

« 新監督 | トップページ | 役所じゃあるまいし »

2013年1月30日 (水)

獅子舞パーティ

子供たちに言わせるとそうなるのだそうだ。

例年、こうりんじ幼稚園には年の初めに地元の細山囃子連のみなさんがやって来る。知ってる顔ぶれは(大変失礼な物言いで恐縮だが、)すべからく「パパのともだち」ということになるのだそうだ。そんな囃子連のみなさんによる獅子舞を御披露いただく私の新春の集いは今年も大勢の皆様に御参加いただき、盛会裏に幕を閉じた。

大阪市立桜宮高校の一件以来、全国的に体罰を巡る報道が目立つ。練習中に何十発もぶん殴るというのは誰の目にも明らかな体罰であって、愛のムチなどとは呼べるようなものではないし、予兆に気づかずに前途ある若者を自殺に追い込んでしまった教師と学校に釈明の余地はないけれども、やれ実態調査だ、コーディネーターだなどと乗り出す文科省や教育委員会がやっつけ仕事に見えてしまうのは私だけか。

一を以て十が否定されるべきものではないし、十を否定しようとする勢力の暗躍にはまさに異議を申し上げねばなるまい。先生が生徒に手を出しちゃイカンと言いつつも、生徒が教師に手を出してもお咎めなしでは筋が通らぬ。しかも、生徒は教師が手を出せないことを承知でゆさぶりをかけてくるのである。ゲンコツも体罰にカウントされるだけに現場の教師が委縮しないよう願うものだが、対教師暴力の実態も調べて、対策を講じるべきではないか。

そこに生徒への愛情があれば過去のゲンコツは生涯の宝として残るし、成長過程において「ならぬものはならぬ」とムリやりにも教えなければ社会の規律は維持できない。過ぎたるは及ばざるがごとしではないかと述べた。

さて、市の来年度予算が公表された。一般会計の予算規模5,984億円。その年の収入を以って歳出を図るというのが財政の基本だが、歳入のうち市税は50億円増の2,844億円。歳出は35億円増の扶助費1,443億円、人件費は11億円減の960億円。

市債の返済額よりも毎年の借入額を抑制していけば借金は減り続ける。そんなプライマリーバランスの黒字は見込まれているのだが、御承知の通り、借金には金利がかかる。150億円ものの利払いを含めれば赤字であって、数年間、銀行が我慢してくれればみなさんの懐が痛まずに3号線の延伸も...(笑)。

尚且つ、減債基金からも臨時歳入として60億円が見込まれているだけに決して涼しい顔をしていられるものではない。詳細についてはいづれ記す機会もあると思うが、いよいよ2月。予算審査を含む第一回定例会が迫ってきた。

(平成25年1月30日/1284回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.24(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 新監督 | トップページ | 役所じゃあるまいし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 獅子舞パーティ:

« 新監督 | トップページ | 役所じゃあるまいし »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ