なおログ[Blog]

« 司会 | トップページ | 過去の栄光 »

2012年12月16日 (日)

翌日の朝刊

師走もはや半ば。ただでさえ早いのに今年は衆院選からか輪をかけて早い。

「翌日の朝刊が如きものだよ」とある人がつぶやいた。

議員定数削減の話。市議会も然り、議員定数を削減するというのは並大抵のことではない。「アイツだけいいカッコしやがって」と同僚の妬みを買い、「どうせ他が賛成しなきゃ実現しないのだからオレは削減派です」と宣伝しておいたほうが有権者のウケがいいし、本気で取り組もうなら当落ラインの議員から嫌がらせをされるし...。

で、どれだけ効果があるかといえば、翌日の朝刊に記事が掲載される程度。有権者も「そりゃ当然だろ」と一目見て終わり。誰も過去のことは気にしない、労多くして功少なし、とそんなもんだよということらしい。でも、やらねばならないのである。

定数に妥当性がある訳ではないが、定数は現状の半減、待遇は1.5倍にすることで総じてコスト削減にすべしと勝手に思っているのだが、定数の半減は行財政改革の立場から、そして待遇は自らの身入りを増やす為、否、優秀な人材を集める為である。

半減は極論にしても、衆院選の比例復活もそう、それで当選ができなければ運命と思って諦めたほうがいいし、同僚のOセンセイがバッサリ斬って捨てたが、「国民の生活が第一」じゃなくて「自分の生活が第一」じゃないかと。

自己保身はセコい、定数削減については周囲と合意可能なラインで賛成を続けていくつもりなのだが、それでも周囲の妬みを買うことになるだろう...(泣)。今日は衆院選の投開票日だが、果たしてどんな議員が生まれるか。

数日だけ候補者の終電までの駅頭に付き合っていたのだが、生田駅前のひろ寿司のオヤジさんが顔を出してくれた。選挙区は隣だが、私の初陣時から応援をいただいた恩人の一人。既に夜11時を回っているというのに「一杯やってくか?」の心遣いがうれしかった。

そうそう、そんな折、わが盟友、隣の横浜市で活躍する斎藤達也市議から一通のメールが届いた。選挙中といえども本業は疎かに出来ぬ。かなり遅い時間まで仕事をされているんだなぁと感心しつつ、内容を確認すれば、今回の一般質問にて横浜市営地下鉄3号線の新百合ヶ丘駅までの延伸を取り上げるそうで。

こちらの状況を記し、「送信」ボタンを押した。質問日は20日(木)。また、内容については後日ブログにて紹介するつもりだが、乞うご期待を。

(平成24年12月16日/1239回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.23(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 司会 | トップページ | 過去の栄光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 翌日の朝刊:

« 司会 | トップページ | 過去の栄光 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ