なおログ[Blog]

« 息子よ | トップページ | 迎春 »

2012年12月31日 (月)

散髪

歳を重ねると理屈っぽくなるらしく、「確かに理想ではあるけれども現実は云々」などと御託を並べていたらY兄のカミナリが落ちた。といっても稲光程度なのだが、もう3期なんだし、川崎市の為に大きな仕事などどうかということらしいのだが、その重大発表とは...。

それはさておき、毎月1日発刊の電子書籍とメルマガの執筆に追われている。売れ行きは???だが、いつかきっと(ってことは売れてないんじゃないか)...などと淡い期待を抱きつつ、キーボードに向き合っている。

振り返ってみると今年は俳句の吟月先生がご高齢に伴い、爽風先生にバトンタッチとなり、会の名称も「畔の子会」から「青柚会」に変更になった。俳句は季語との取り合わせが大事らしく、過日の百合丘小学校の落成に「新校舎落成の庭冬芽立つ」と詠んだら二重丸が付いていた。講評は記されていないが、「落成」と「冬芽」の取り合わせが良かったか。

さて、大みそかとの取り合わせは何がよかろうと思案していたのだが、やはり身支度然り小ぎれいにして新年を迎えたいもの。大みそかには地元のヘアーサロン「カサハラ」で散髪をしてもらうのが恒例なのだが、さすがに駆け込み需要は多かろうし、店とて客が分散したほうがやりやすかろうと今年は1日前に散髪を終えた。

髭や髪には不思議な効能があるのか意味が込められることが少なくない。さすがに小池百合子氏の断髪式は些か目立ちすぎて好かんのだが、角界にしても断髪には過去への決別や心機一転の意が込められている。まさに、大みそかに相応しい取り合わせだと思うのだが、近年は店舗の元旦営業のように季節感が薄れつつあって、メリハリに乏しい。尚且つ、不景気から散髪の頻度を減らすケースもあるらしく...何とも寂しい限りである。

そうそう、この年の瀬は葬儀も多かった。これだけ寒くなれば体調を崩すのも頷けるが、不幸のあった年は一年が何となく気分が晴れぬもの。既に三回忌を迎えた父の命日は12月なのだが、初七日も含めて年内に終えた。今に思えば「年末で区切りを付けよ」という父の気遣いだったのかもしれぬと振り返ってみたりもして、やはり臨終は年末に限る。

今年は喪中はがきも多かったが、多くの方が天国に逝かれた。最近、読んだ伊集院静氏の「別れる力」には別れが人を強くするとあったが、慎んで故人のご冥福を祈りつつ、明日からは新たな年がスタート。ワクワクの新年を迎えたい。

(平成24年12月31日/1254回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.23(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 息子よ | トップページ | 迎春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 散髪:

« 息子よ | トップページ | 迎春 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ