なおログ[Blog]

« 翌日の朝刊 | トップページ | 群雄割拠 »

2012年12月17日 (月)

過去の栄光

福の神ならぬ客呼ぶ人というのは実在するらしく、閑散とした店にもその日だけは複数の客が来たなどというのはその一人が客呼ぶ人なのだそうで、どうやら私にもその資質はありそうである。

と、自慢してみたものの、巷でよく聞く「過去に私が応援した候補者は負けたことが無い」とのホラ話に近いかもしれない。

選挙は縁起を担ぐことが少なくない。こちらが思う以上に周囲は気にされるらしく、開票時の立会人なども「行くのは結構だけど、前回は自分が行って負けているから...」と気遣って下さったり、選挙カーをあそこの店に依頼して負けたことがないから今回負けちゃったら店の看板を傷つけてしまうかも...。そんなに気を揉ませることを大変申し訳なく思っている。

そんなジンクスのひとつに「当方の事務所」があって、おらが先生の時代から私、そして衆院選の候補者とこの事務所を借りて選挙に負けたことがないというのが、ひとつの自慢。が、今回ばかりは新人で知名度も圧倒的に不利、下馬評では到底かなわないといわれていただけにジンクスが破られることを懸念する声も聞かれたことは事実。

が、こういう性格なもんだからそんなのはお構いなし。ジンクスなどというものはいつか破られる為にあるのである。確かに民主党政権の運営が杜撰だったことは結果の通りだが、でも、そんなジンクス効果か当選してしまったのだから世の中とは摩訶不思議なもの也。

落選後は人が離れていく、幸いにも私は経験したことがないのだが、薄情な人間の本性が見れるのだという。一方で、どんな状況であろうとも最初から応援してくれる人、勝ちそうな状況ですり寄ってくる人、勝った後にさも今まで応援してきたかのように顔を出す人、様々である。

私が敬愛する地元のY兄も「オレはあんたにバッチが付いていようがいまいが関係ない」と話してくれるのだが、例え負けようともそれが付き合うに足る人としての資質を備えているか、相性はどうかと、そのへんが重要なわけであって、バッチは関係ない(別に当選したから言うんじゃないよ)。選挙期間中の報道が勝ち馬効果をもたらしたか、それとも本人の人柄か、最終日まで人は集まった。

候補者、いや当選者の人柄は頼りないけど誠実そのもの。その頼りない(なんて言うと怒られそうだけど、)当選者は「中山(ナカヤマ)」だが、「山中(ヤマナカ)」教授曰く、「ノーベル賞は私にとって過去のものとなった。これから一科学者としてやるべきことを粛々とやっていきたい。メダルは大切に保管し、もう見ることないと思う」と話された。

当選は既に過去の栄光。新たな任務、そして新たな戦いが既に始まっている。祝!当選。

(平成24年12月17日/1240回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.23(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 翌日の朝刊 | トップページ | 群雄割拠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過去の栄光:

« 翌日の朝刊 | トップページ | 群雄割拠 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ