なおログ[Blog]

« ノー残業 | トップページ | 兼六園 »

2012年11月 9日 (金)

一攫千金

菊薫る季節。競馬の祭典「菊花賞」も迫ってきた。菊花賞は皐月賞、日本ダービーとともに牡馬の三冠レースの一つ。ちなみに牝馬は桜花賞にオークス、秋華賞であって、以前はエリザベス女王杯として荒れるレースで有名だった(それは余計か)。

それぞれに皐月賞は速い馬、日本ダービーは運のいい馬、そして菊花賞は本当に強い馬が勝つとされてきた。その菊花は花びらに触れただけで花が枯れてしまうほどのデリケート。最近でこそ手間のかからぬ舶来の菊もあるようだが、その育成に手間隙がかかることで有名。

競馬の世界でもレース勝者の馬や騎手(ジョッキー)が目立つが、調教師や厩務員など地味な仕事の上にこそ、その栄誉があって、昨年の三冠馬オルフェーヴルが凱旋門賞で僅差の2着になったが、池江調教師は親子二代で悲願の夢の実現を目指している。

つい最近の神奈川新聞の投書欄にレスリングの吉田沙保里選手の国民栄誉賞に関連して、他の候補者もどうかとの投書の中に名前が挙がっていたのが佐々木竹見氏。同氏は川崎競馬で活躍した往年の名騎手。

地方競馬にもレベルの高い騎手が少なくないが、中央競馬(JRA)と間には壁があって、時にそのプライドが参入を阻害することもあるようで...そんな騎手の話が雑誌「選択」に掲載されていた。馬では笠松の怪物ことオグリキャップが有名だが、川崎競馬では何といってもロジータ。牝馬ながらクラシック三冠達成の偉業を成し遂げた名馬である。

と、解説はその程度にして、各地方競馬の競馬場で持ち回り開催される最高峰レース「JBCクラシック」が今年は川崎競馬場にて開催され、仕事帰りに観戦に訪れた。胴元が約3割を確保し、残りが払戻金となるだけに馬券の売上げの多寡が利益に直結する。そんなJBCの売上げに私もと一役買ったのだが、スケベ心か見事に惨敗。

そんなのに夢中になりつつも居合わせた市の幹部に当日の販売状況を聞けば、30億円の目標に対して、25億円程度とのこと。昨今の懐事情からかここぞの際に大金を1点につぎ込む御仁よりも小規模分散化が目立つという。3連単の万馬券狙いが多いとか。

当日の最終レースは万馬券どころか百万円馬券だったはず。ついつい射幸心を煽ってしまったが、ほどほどに。

(平成24年11月9日/1202回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.21(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« ノー残業 | トップページ | 兼六園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一攫千金:

« ノー残業 | トップページ | 兼六園 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ