なおログ[Blog]

« 資産価値 | トップページ | 誘惑 »

2012年11月 4日 (日)

跳び箱

高校時代に「現代社会」の授業を担当したS先生。授業は専ら政治批判ばかり。子供心に植え付けるというのはプロパガンダの技術であって、今にして思えばまともな授業ではなかったのではないか。

文部科学省と日教組による教育が日本人の精神を骨抜きにしたとしたとはユニクロの社長の柳井正氏の談。聖職であるべき教「師」が単なる労働者である教「職員」に成り下がる。

最近は体育の授業でも跳び箱を飛べるまで面倒を見る熱血教師は廃れるらしく、チャイムが鳴れば「ハイ、終わり」であって、勿論、放課後の居残りも無しと。そんなことで公教育からこの国の将来を担う人材が輩出されるのか。

私の少年時代には跳び箱や鉄棒に限らず、算数でもやる気のある生徒には先生が付き合ってくれたもの。そりゃ私立を選択してしまうのも無理はない。高い学費を出してでも私学に通わせたがる親の気持ちが公立の先生方に届いているか。

そうそう、過日の自民党川崎市連の政経文化パーティー。今回の特別ゲストは副総裁の高村正彦氏。外務、防衛をはじめ幾つかの大臣を歴任されたベテランであって、少林寺拳法5段のおまけつきだが、話を伺うのは初めての機会となるのだが、その講演において「民主党政権はアンチビジネスだ」との表現が印象に残った。

(民主党は)あくまでも分配の政治であって成長戦略がない。確かに、今の輿石東なる幹事長も日教組の出身であるのは有名な話であって、組合の弊害はいまさら指摘するまでもないが、まさにその組合を支持母体とする政党らしい発想か。

給与と勤務時間に関する労働者の権利は声高に叫ぶが、社の発展は経営者の仕事とばかりに傍観を決め込む。社の発展なくして賃金は支給出来ないのだが、最低賃金を保障しても怠ける人は怠けるものでそういう人のまで面倒を見きれるか。労働者の権利といえば格好はいいが、経営者には怠け者の面倒を見る余裕はない。

ご他聞に洩れず本市にも組合が跋扈してきた。「専従」とは公務員としての給与が支給されながら組合活動に専念する面々を意味するのだが、一般的にあまり知られていない。

が、そんな組合にも地殻変動が生じているらしく、従来の権利主張だけでは時代に取り残されるとの危機感が生まれつつあるのだという。組合幹部には学生運動時代の古い世代が多く、若手の意見も上に通じぬこともあるらしい。そんなジレンマの中でどのような活路を見出すか、組合の真価が問われている。

(平成24年11月4日/1197回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.21(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 資産価値 | トップページ | 誘惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 跳び箱:

« 資産価値 | トップページ | 誘惑 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ