なおログ[Blog]

« 受験勉強 | トップページ | タレコミ »

2012年11月13日 (火)

双曲割引

(A)一年後にリンゴ1個、(B)一年と一日後にリンゴ2個、という選択肢では誰もが後者を選ぶ。しかし、(C)今日、リンゴ1個、(D)明日、リンゴ2個、だと今日のほうがいいという。これを「双曲割引」という。

そりゃ年金や財政の破綻は遠い異国の物語となる訳で、その他、諸々の面白い事象が記された行動経済学の本「ヤル気の科学」(イアン・エアーズ著)を手に取っている。

解散風が吹き始めた。その条件の一つに特例公債法案なるものの成立があるらしく、この法案が通過しなければ予算執行が出来ず地方が困るというが、急かされて財政規律が疎かになっては本末転倒というもの。今、問われるべきは法案を通すか通さぬかではなくて、国の運営上、国債の乱発でいいのか否かであって、毎年、国は何をやっているのかと憤慨している。

歳出削減が経済の低迷を招くというが、歳出の中には無駄は多い。民主党もマニフェストで16.8兆円の財源を捻出すると謳ったが、公の政党が国民の皆様に示す以上、あてずっぽうな数字ではあるまい。あとはベテラン議員の圧力や国民の反発を押してでもやるぞという不退転の覚悟があるかないかである。

いつかインフレで借金をチャラにというのは当てにできない絵空事であって、それまでは...と打ち出の小槌を振り続けられたらかなわない。日本は欧州と違って自国の中で(カネが)回っているから大丈夫だというが、財政再建の目処は一向に見えてこないし、金利負担とてバカには出来ぬ。

(私はその立場に身を置いたことはないが、)今の立場から申し上げれば国の財政規律はゆる過ぎ。増え続ける借金自体も目立つが近年は輪をかけて毎年のように地方に負担が転嫁されている。小泉&竹中コンビの時はプライマリーバランスの目標を示すことで財政規律を確保したが、それ以降はなしのつぶて。

その年に借金をする額よりも返済額が大きければ借金の残高は減っていく。そりゃあ道路やハコモノは将来世代も負担すべきだという言い分は分からなくもないが、借金もここまで積み上がるとそりゃ自己都合、屁理屈じゃないかと思えなくもない。

少なくとも地方、川崎市は国からの地方転嫁があってもプライマリーバランスの黒字という財政規律を維持していることだけは伝えておかねばなるまい。

(平成24年11月13日/1206回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.22(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 受験勉強 | トップページ | タレコミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 双曲割引:

« 受験勉強 | トップページ | タレコミ »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ