なおログ[Blog]

« 横浜家庭学園 | トップページ | ノー残業 »

2012年11月 7日 (水)

味スタ6耐

近年のマラソン人気からかどこの大会も人気のようで...。以前は思い立ったが吉日とばかりに当日用のエントリー枠があったのだが、最近は当日エントリーの代わりにレイトエントリーと名称を変えて間に合わなかった人向けに門戸を開いている。

が、それとて人気があって、あっという間に門は閉まってしまうのだと聞いた。およその目安はついているのだが、地元の行事と【家庭を優先】して最終的な日程を決めるのだが、今年も11月の最終土日に旗が立つ。

河口湖マラソンとつくばマラソンが候補になるも、河口湖マラソンは今年から富士山マラソンに名称を変更して第1回の開催。自然あふれる湖畔の景色はお気に入りなのだが、あの寒さはハンパではないし、宿泊先の手配も必要となるからたまには別な土地でも...とつくばマラソンのレイトエントリー枠を選択したのだが、夜8時からの門戸に申込みが殺到し、10分後にはPCの画面が1千人の待機状態になりつつも、さらに待つこと10分。何とか間に合った。ふう~っ。

毎年のフルマラソンは5時間での完走を目指しているのだが、あまり自慢できるタイムではない。5時間をぶっ通しで走り続けるというのはかなりしんどい。通称「味スタ6耐」というのだそうだが、味の素スタジアムで6時間耐久のイベントが行われているらしく、地元のジョギング仲間に声をかけていただいた。

種目は大きく2つ。6時間ぶっ通しで走り続けてその走った距離を競うか、フルマラソンの42.195kmを完走したタイムを競うか。最大10名までのチーム登録で何度でも交代可能。1周2kmのコースを1周以上何週でも可。勿論1人で走ればフルマラソンとなる。今回は7名×4チームでの出場。「早くて元気」チームから「なでしこ」チームとバラエティに富んでいるのだが、私は「早くて元気」チームには入れない(泣)。

1ラウンド目は1人1周づつのリレーで、2ラウンド目は1人2周の交代。合計6km×7名の完走を目指すリレー形式。マラソンは自らの棄権は落伍者扱いで終わるが、駅伝はチームスポーツだけに仲間に迷惑をかけてしまう。「よし、やってやるぞ」と「仲間に迷惑をかけれない」の思いが入り混じるも、前者が先行してつ夢中で走ってしまったが、チームで完走を成し遂げた。

達成感もあるし、連帯感も培われる、それに1人の距離がそれほど長くないだけに人気の大会となりつつある。本市も多摩川リバーサイド駅伝が近づいてきた。都心に近いし、趣向を凝らせば面白い企画になるはず。アイデア募集中。

(平成24年11月7日/1200回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.21(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 横浜家庭学園 | トップページ | ノー残業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味スタ6耐:

« 横浜家庭学園 | トップページ | ノー残業 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ