なおログ[Blog]

« 教育の両輪 | トップページ | 祖母 »

2012年7月21日 (土)

いじめ

夏空が続く。も、九州地方には甚大な被害。昨年の大震災と今年の豪雨が仮に天の警告にしても何ゆえに自然と暮らす方々に試練を与えるのか、世の不条理を感じざるを得ない。被災地の皆様には慎んで御見舞い申し上げる。

今日にはじまったことではないが、「いじめ」のニュースが続いている。未成年は法律で守られている。それは未だ発達途中ということだと思うのだが、それを逆手に利用するのであれば十分な犯罪であろう。「いじめ」は少なからず昔からあった。それは単なる喧嘩と違い、姑息で卑怯なやり方。

大津市の状況が次々と明らかになりつつあるが、学校を含む行政側の対応がお粗末だったことは否めない。アンケートにはかなりの情報が寄せられていたというが、発覚後においてもなかなか情報を公開したがらない教育委員会に対してかえって不信感を募らせる結果となった。およそこの手の話というのは教師や周囲は状況をおよそ把握しつつも、われ関与せずの姿勢が招く悲劇であることが少なくない。

これが明るみに出たら「それのどこがいじめなんだ」との通報が来やしないか、そんな通報にいじめですときっぱり言い切れる自信がないとか、他に相談するのは恥ずかしいことじゃないか、警察に連絡でもしようものなら大々的に報道されて自らの汚点につながりやしないか、かつ、警察には未成年の壁が立ちはだかっていて、大した改善は見られないかもしれないかもしれない。

もしかするとそんなジレンマもあって、結果、見て見ぬふりに陥りやすい。私は全校へのアンケートや専用ホットラインがいじめの抑止に繋がると思っていて、それが些細なじゃれあいにすぎぬこともあるかもしれないが、無念の「死」を未然に防ぐという意味で効果があると思うのだが。。。

こういう話の根本には汚点を嫌い、面倒なことに関わりたくない学校や教育委員会の隠ぺい体質がある。でも、それが「いじめ」を助長し、何か対策を講じねばエスカレートする可能性も高い。公表することは決して恥ずかしいことではない。公表することで学校が叩かれることもあるだろう。

が、全てつまびらかに公表してみなさい。学校の対応が批判されることはあるだろうけれども、当事者の行為と保護者への批判がそれに勝ることも多いのではないか。

人は怖いものがないと堕落する。社会人になればいやがおうにも荒波に投げ出され、世の厳しさを十二分に味わうことになるが、それまでは自由なことが多い。池田潔氏の著書「自由と規律」には行き過ぎた自由が招く腐敗が描かれている。

全校生徒を対象に実施したアンケートには「かつあげ(恐喝)されていた」「銀行の番号を無理やり言わされていた」など金銭の要求に関する記述があって、本人が自殺前に工面した十数万円との関連が調べられているが、本人は親に対して「ゲームソフトやカードゲームを買った」と説明したという。さぞや無念であったに違いない。そして何よりもいじめの当事者が悪びれるそぶりもない様子を見ると虫唾が走る。それでこの国は大丈夫なのかと。親の責任は重い。

(平成24年7月21日/1091回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.18(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 教育の両輪 | トップページ | 祖母 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いじめ:

« 教育の両輪 | トップページ | 祖母 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ