なおログ[Blog]

« ジューンブライド | トップページ | CSR »

2012年6月28日 (木)

消防団の報酬

持ち時間は1人30分。一日に14名も質問に立つとなると終了時刻は午後6時を回る可能性が高い。昼食と午後の休憩を除いて缶詰状態の一日はしんどい。

川崎市議会における質問時間としては最短の8分何秒という不名誉な記録を背負わされている。が、四六時中、席を外せない行政側にとって多少なりとも質問時間が短い議員は歓迎される傾向が強い(笑)。見苦しいながらも些かの弁明をさせてもらえば、しゃべるのが仕事だけにムリに延ばすことも十分に可能だが、議事進行に協力したというのが実際のところ。

ということで最初の質問者には期待がかかる。トップバッターから重い話題で目一杯やられると憂鬱な一日になりやすい。だいたい野球などでも1番バッターは軽快で器用な選手が起用されやすいではないか。橋本勝氏(多摩区)。質問内容は防犯対策から教育、そして財政と時間配分も含めたバランスは絶妙であった。

防犯対策は重大犯罪における警察との連携、教育は児童と先生が共同で取り組む省エネ対策、そして、財政は市債の繰り上げ償還について。現在の市債残高は9千3百億円だが、内年利5%以上のものが約80億円を占める。その繰上げ償還により3億円の利払い費の縮減が図られた事実を明らかにした。

2番手は中原区の原典之氏。国の地域自主戦略交付金の活用策と帰宅困難者対策、そして中原区制40周年を取り上げた。

そして、当日のトリはわが会派の最古参である宮前区の矢澤博孝氏。久々の登場だが、何といっても行政側の聞く耳の立ち方が、我々若造が物申すのとは明らかに違う。取り上げたのはやはり国の根幹である教育と農業。「Culture(文化)」は「Cultivate(耕す)」が語源となるのは有名な話だが、教育における「知」「徳」「体」を農業における土壌の成分「窒素」「リン酸」「カリ」のバランスになぞらえて、その重要性を説かれた。

そして、番外編は民主党の木庭理香子氏。同じ区で活躍中の熱心な市議。ズケズケと物申せるのが最近の女性の強みとばかり、民生委員・児童委員、消防団の報酬を取り上げた。消防団は報酬が少なすぎる、民生委員・児童委員は既定の報酬額が支払われていないじゃないかという内容だが、諸刃の剣か。

消防団の年額報酬は政令市最低の2万1千円。他都市並みに引き上げろという声を代弁した格好だが、消防団は地域の為という大義に生きる方々。ケチと言われればそれまでだが、これだけ少ない報酬であっても他都市並み、いやそれ以上に活躍いただいているのは全国に誇れることじゃないのかと思えなくはないか。

また、民生委員・児童委員の報酬は、研修費として地区社会福祉協議会に一部を積み立てられた上で差額が支給されている。そのへんは暗黙の合意事項というか、慣例的に行われてきたものだが、人によってはそれがピンはねに見えるのであろう。利害が対立するだけに下手に手を出して恨みを買っても困る。

小心者の一人である私は遠目に見ていたのだが、その発言する勇気は評価されてもいいのではないかと。

(平成24年6月28日/1068回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.17(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« ジューンブライド | トップページ | CSR »

コメント

>トップバッターから重い話題で目一杯やられると憂鬱な一日になりやすい。


って、あなたの気分なんて市民にとっては何も関係ないんですけど?本当にあなたは何様なんですか?という発言が散見されますね。

投稿: あのぅ | 2012年7月 1日 (日) 21時25分

香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

投稿: 名無しのリーク | 2016年5月 4日 (水) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59001/55058299

この記事へのトラックバック一覧です: 消防団の報酬:

« ジューンブライド | トップページ | CSR »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ