なおログ[Blog]

« 母の手紙 | トップページ | 買い言葉 »

2012年5月 3日 (木)

売り言葉

たまたま目が行ってしまったのだが、イケメン俳優の二股スキャンダル。男も男だが、相手女性も男を見る目がなかったか。

こちらとて二股三股の会合が悩みの一つ。出来た妻は代理出席してくれるのだろうが、こちらは祝電が手一杯。それさえ出来ぬ、どうしても出席をとの会合が重なった。方や地元の町内会の総会。そしてもう一つは教育講演会の来賓である。

私の所属する高石町会は会員数2千9百世帯。予算額も2千万円を超える区内でも最大規模の町会。地域の声を聞くにはいい機会と出席していたのだが、周囲の配慮で(ちょっと目立つ)書記の役を任されているから遅刻すら出来ぬ状況。

一方とて来賓としてお招きをいただいた以上、顔は出さねばならないと、講演前に主催者に挨拶の上、戻る予定で計画していたものの、現地では児童のピアノコンクールが行われているではないか。場所を間違えてしまったらしい(泣)。混雑が予想されたから電車移動だったのだが、帰りの電車では百合ヶ丘駅で降りねばならないのに急行に乗ってしまうし、その急行も信号機故障のトラブルで待たされるし。。。ギリギリのタイミングで町会の総会に間に合った。

さて、その総会。以前はしゃんしゃんだったのだが、最近は質問もちらほらと見られるようになって、そのひとつに「研修費」がある。役員研修、壮年研修等と年間を通じて幾つか企画されているのだが、役員研修などは改選されるメンバーの親睦や慰労の意味も含まれるであろうし、壮年部の研修などは誰でも参加が可能なだけにご近所同士のいい交流機会とも成りうる。

勿論、一部は自己負担であって差額が町会から補助されることになっているのだが、どうも一部に不満があるらしく、毎年、批判的な質問が浴びせられることになる。近年のご批判を踏まえて、少しづつの改善がなされているのだが、元々が気に入らないものは気に入らないものだから「懇親を否定するものではない」と前置きした上で、「研修費を懇親費にして是非を問うたらどうか」とその意図が透けて見えそうな質問も投げかけられた。

そして、今年は新たに交通費についての質問も。これは毎年、何かと公務が多い町内会長に対して、交通費の名目で年5万円を支給するというものだが、「私的に流用しているのではないか」との疑念からか実費精算を求める質問が飛び出した。

月額にして約4千円。この地域の為に無償で献身的な活動を続けてきたことも事実であって、町会長ともなれば出用も多いし、スポーツ推進委員の委嘱状を届けて回る町会長である。その程度は仕方ないんじゃないかというのが大方の様子。別に怪しい部分はないはずなのだが、癪に障ったのか役員の一人が「実際はこんなんじゃ足りないんですよ」と。。。

(平成24年5月3日/1012回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.16(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 母の手紙 | トップページ | 買い言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 売り言葉:

« 母の手紙 | トップページ | 買い言葉 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ