なおログ[Blog]

« 川崎球場 | トップページ | オプ・エド »

2012年4月18日 (水)

チケット

急きょ都合が悪くなったと先輩のK先生からクラシックコンサートのチケットをいただいた。

「これはラッキー!」と知人の女性をお誘いしようと思っていた矢先に、たまたま友人から電話があって、(いつも忙しそうにしているから一応聞いただけなのだが、)ちょうど大丈夫だという。そんな事は上手く運ばないもの、世の中の不条理を嘆いている(笑)。

さて、先週の金曜日から3泊4日の外泊を終えた。前半は友人の結婚式であって、その内容は改めて掲載予定だが、外泊の後半は先輩方との宿泊研修。研修といっても。。。抱腹絶倒の内容はメルマガ「ブログの続き」次号にて。

その長期滞在を利用して何冊かの本を読んだのだが、まずは飯島勲氏の著書「リーダーの掟」から。なんとなしに手にした一冊だが、第三章「何故、短命政権が続くのか」には、およそ実態とはかけ離れた政治家像が描かれていて面白い。

何となく黒幕的と思われているような政治家のほうが、それを吹聴しないだけで国家国民の為に仕事をしているというような実例が紹介されている。

また、月刊誌「Voice」5月号の表紙には「(総力特集)橋下徹に日本の改革を委ねよ!」とあって、「維新」の元祖ともいえる大前研一氏の寄稿が掲載されていた。橋下徹氏のビジョンと能力を高く評価しつつも、大阪府議会と市議会にいる「大阪維新の会」のメンバーの能力が低すぎるとバッサリ。

これから主に都市部で旋風を巻き起こしそうな気配の「維新の会」だが、別の記事には「田舎を飛び出したよそ者たちの都である東京は政治的には革新政治の実験場たり得た」とあって、妙にウケてしまった。

が、そんな厳しい都会だからこそ自民党は磨かれるのであって、それをあえて旗印に掲げている議員たちは常に逆風の中を戦っている。そんなわが街かわさきで支持基盤の拡大を狙った講演会が催されるという。講師は政界のキーマンこと石破茂氏。詳細はまた後日に。

(平成24年4月18日/997回)

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.15(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 川崎球場 | トップページ | オプ・エド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59001/54496134

この記事へのトラックバック一覧です: チケット:

« 川崎球場 | トップページ | オプ・エド »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ