なおログ[Blog]

« きっかけ | トップページ | 異議あり! »

2012年3月31日 (土)

鎌倉

田舎もんにとって東京は夢の大都会。今は約2時間で帰省できるが、当時は信越本線の特急「あさま」号で5時間の長旅。小学校低学年の時に祖母に手を引かれて東京見物に上京したのが最初だが、東京というよりも神奈川見物に近かった。

山下公園の氷川丸見学や横浜スタジアムでの試合観戦、中華街での食事等々と数々の思い出が残るが、最も記憶に残っているのは宿泊先のホテルのエレベーターで広島東洋カープの山本浩二選手と一緒になったことと、鎌倉の大仏であった。今回の後援会行事はそんな懐かしい大仏を含む江の島・鎌倉方面への日帰り旅行。

すっかり春らしい天気の中、午前中は新江ノ島水族館、江の島での昼食と散策を挟んで、午後は鎌倉の大仏、長谷寺、鶴岡八幡宮から小町通の散策と盛り沢山の内容。当日は政治の兄貴分である神奈川県議会議員の相原高広氏や昨日の話題の人物、中山展宏(のりひろ)氏を含む多くの方々にご参加いただいたが、やはり何といっても女性陣が目立つ。

普段は家庭を守る方々だけに奥様方には息抜きの機会になったかどうか。アルコールも手伝ってか、朝からドンチャン騒ぎに近い。最初は私がお相手をするのだが、役不足になると後援会長が呼び出されることになる。さすが豪華な女性陣。選挙の原動力である。前日にバナナやジュースの差し入れも届くし、特別に用意したモンダビ・ワインも大変好評。

新江ノ島水族館ではイルカショーが催されるも、少し物足りなさが残った。うちの田舎の水族館のほうが豪快な演技が多かったかも。。。

「春休みなんだから子供さんも連れてくれば」の一言に今回は妻も含む家族連れ立っての参加。そちらの相手は後回しなのだが、それでもやはり父親は父親。所々に相手をしていれば「子供たちも春休みの思い出が出来て、一石二鳥で良かったじゃん」との冷やかしも。

江の島での昼食は島の入口にでんと構えるレストラン「貝作」。懇意の藤沢市議のご実家とあって、随分とおまけもしていただいた。サザエのつぼ焼きをつまみに昼から日本酒をかたむける贅沢なひととき。

午後は周辺の神社仏閣巡りも、古都鎌倉は道が狭いし、観光客が多い。どこに行くにも旅行会社は小田急トラベル、バス会社は江ノ電バスと以前から決まっているのだが、さすが江ノ電バス、地元の強みを生かしたスムーズな運行で予定通り無事に帰路につくことが出来た。

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.14(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

 

|

« きっかけ | トップページ | 異議あり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉:

« きっかけ | トップページ | 異議あり! »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ