なおログ[Blog]

« 予算案(概要)~前編~ | トップページ | 均等割り »

2012年2月 2日 (木)

予算案(概要)~後編~

あまり興味がないから私は挑戦したことがないのだが、「ナンバー4」なる宝くじがあって、つまりは4桁の数字を当てるものだという(よく知っているじゃないか)。

今回の一般会計予算額は5,956億円。私の初陣時の得票数は5,856票だけに、1つ違いはどうなんだとホームページの解説を確認してしまった(笑)。

さて、今日は昨日の3つの質問に対するやりとりから。まずは人件費。前年度比△43億円の内容については、市の取り組みにより110名の職員数を削減した成果だというが、それは自然退職者から新卒者の数を引いただけの話。

民間企業と違い、解雇はありえないから単に新卒者を抑制したことで生まれる財源だけに胸をはれるものではなさそう。職員給与や手当てに踏み込むことがなかったのはいささか残念。

次に、禁じての減債基金からの新規借り入れ95億円についてだが、減債基金は市債の償還財源として毎年積み立てられる基金。償還期限まで寝かせておくカネだけに市債を発行して金利を払うよりも利息ゼロの基金から借用しちまえとの算段となる。

過去何年間か予算には計上してきたもののほとんど借りずに済んでいて現行分はゼロであるからこちらはひと安心。だから来年度も大丈夫という保障はないので引き続きの行革に期待している。

そして、最後の小児医療費の助成については、今日まで対象年齢の拡大を図り、現在は就学前までとなっているが、来年度は小1まで拡大するのだという。9月以降の実施ということで約2億円が見込まれているが、対象年齢を1歳拡大すると年間で約4億円の財源が必要となる。

公債費(借金の返済)は714億円で市債発行額とピタリ一致。プライマリバランスはゼロと上手くあわせているし、生活保護扶助費は若干の増を見込んでいますとの回答に若干で大丈夫かと不安も残るが、そんな予算審査を含む平成24年第一回川崎市議会定例会は2月15日(水)の開幕。ブログも乞う期待。

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

Vol.12(iPad/iPhone対応版)
販売定価:500円(税込)
PDF形式のファイルも
ダウンロード可能
こちらをクリック!

|

« 予算案(概要)~前編~ | トップページ | 均等割り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予算案(概要)~後編~:

« 予算案(概要)~前編~ | トップページ | 均等割り »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ