なおログ[Blog]

« 一定のメド | トップページ | 追認機関 »

2011年6月24日 (金)

産地表示

本市の節電対策では冷房の設定は28℃。その分、服装も自由なのだが、本会議場は神聖な場所だからノーネクタイといえども上着位は着用して入場することにした。

が、暑さに耐え切れず、上着を椅子に掛けておいたら風紀担当の重鎮から注意を受けてしまった。とにかく暑い。団扇であおぐ姿は品位に欠けるから、25℃設定にしてネクタイと上着着用で品位を保つべきだとも思うのだが。。。あまりにも暑いと仕事の効率が極端に落ちるし、何よりも鬱憤が溜まる。

そんなストレスを抱えながら代表質問を聞いていたのだが、経済労働局長の答弁によれば「第一回かわさき地産地消フェア」なるものを開催するというではないか。以前、自民党川崎市連の青年局が主催した地産地消イベントは大好評を博したが、「食」への関心は高い。

その「食」に関する話題なのだが、今回の原発事故の影響から周辺地域の農産物が敬遠されがちで地元農家はその風評被害に悩まされている。

地元スーパーなどでも産地表示でかなりの影響があるらしい。店頭の表示と実際の袋の表示が違っていることもあったりするから主婦の皆様も疑心暗鬼に陥りやすい。

とりわけ、小さなお子さんを抱える母親にとって、学校給食の食材は心配の種であって、少なくとも正確な情報をキチンと公表するということは最低限必要なことなのだが、献立表の生産地と実際の生産地が違っているケースもあるらしく、事実関係を掴んで教育委員会に問い合わせたら苦しい答弁に始終した。

厳しい検査基準に適合しないものには出荷制限がかかるからあまりにも過敏になりすぎるのもいかがかと思うが、公表データが違うというのは明らかに杜撰すぎる。

ついつい過敏になりがちな食材だが、そんな方は「食品の裏側」という本を読んでみてはいかがか。もう数年前の話にある医師の薦めで読んだのだが、そちらを気にしたほうが良さそうである。

電子書籍「一日一話」

「一日一話」表紙

■Vol.5発売中(定価500円)■
(iPhone/iPad対応版)
購入は左のバナーをクリック

|

« 一定のメド | トップページ | 追認機関 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産地表示:

« 一定のメド | トップページ | 追認機関 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ