なおログ[Blog]

« 地デジ | トップページ | 地域の為に »

2011年2月19日 (土)

東フィル

私にクラシックの素晴らしさを知るきっかけを作っていただいた鏑木茂哉先生(幸区)のお薦めもあって、2つの定期演奏会のチケットを購入している。もちろん政務調査費には計上していない。(笑)

ひとつは文京区が主催する「響きの森シリーズ」(年4回)、もう一つは「東京フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会」(年8回)であって、およそ月1回の演奏会を楽しむことにしている。

過日はその東フィルの定期演奏会に。

でもその前に腹ごしらえ。最近はステーキにはまっていて、高津区の洋食屋「ポップコーン」に。旨いステーキとワインに舌鼓を打ち、音楽を楽しむとは最高の贅沢なり。

さて、演奏会。曲目はドヴォルザークの「チェロ協奏曲」とストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」。指揮者はウラディーミル・フェドセーエフ氏。ドヴォルザークは交響曲第九番「新世界より」が有名であって、チェロ協奏曲は初めて聴いたのだが、いい曲であった。

チェロ奏者はアレクサンドル・クニャーゼフ氏なのだが、素晴らしい演奏。パンフレットを見るにあのM.ロストロポーヴィチの愛弟子というではないか。

拍手が鳴り止まずにアンコールへ。曲はバッハの3曲。バッハの曲は荘厳な音色に心が洗われる。さすが大バッハ。

後半はストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」。「火の鳥」「春の祭典」と並ぶ三大作品の一つ。ロシア音楽は少なからず、バレエ音楽との関連が深い。この作品もディアギレフの依頼によるロシア・バレエ団の為の作品であって、聴きやすい曲の一つ。

その東京フィルハーモニー管弦楽団が今年創立100周年を迎えた。

★山崎なおふみの電子書籍「一日一話」Vol.1好評発売中。購入はホームページのバナーをクリック★

http://www.facebook.com/YamazakiNaofumi

|

« 地デジ | トップページ | 地域の為に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東フィル:

« 地デジ | トップページ | 地域の為に »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ