なおログ[Blog]

« 川崎市予算案 | トップページ | 東フィル »

2011年2月18日 (金)

地デジ

TVはほとんど見ないから、そちらにはとんと疎いのだが、地上デジタル放送への移行が迫ってきた。

我が家も1~2年前にTVを買い換えたのだが、リモコンにはボタンが沢山あってChボタンと電源ON/OFFしか操作出来ないからこれで本当にデジタル放送が受信出来るのか不安である。

私でさえそんな状態だから世に知らぬ人はもっと多いのではないか。そんな折、ふと手にした本が池田信夫氏の「電波利権(新潮新書)」である。06年1月の出版と少し古いが、なかなか面白い。

電波利用を土地に例えていて、同じ広さの土地でも東京都港区と北海道の山奥では価値が全く違う。都心の一等地はテレビ局や業務用無線が占有し、一番需要の高い携帯電話等は田舎の狭い土地に追いやられているとの比喩は分かりやすい。

携帯利用ユーザーは電波利用料として540円を負担していて、全体としては500億円を超える収入になるそうである。その内訳は基地局も含めれば約9割が携帯ユーザー。

それ以外は業務用無線や放送局であって、一方の土地には超高層ビルが建って数千万人が居住しているにも関らず、隣の同じ広さの敷地には数十万人しか居住していないような状況とのこと。もし事実だとすれば、些か理不尽な話ではないか。

確かにこの手の話は、周波数や帯域がどうだなどと事が事だけに政治家も疎いから官僚の独壇場。それはそれで結構なことなのだが、国益に適う将来像を描けないものか。

私のiPadはWi-Fiモデルであって無線LANのメッセージが表示されるが、業者が乱立状態。無線LANはインターネットの技術。

最近は既存のビジネスモデルから脱却を目指す会社もあって、これからが正念場になりそうだ。既得権益はいつか打破される運命にある。

★山崎なおふみの電子書籍「一日一話」Vol.1好評発売中。購入はホームページのバナーをクリック★

http://www.facebook.com/YamazakiNaofumi

|

« 川崎市予算案 | トップページ | 東フィル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ:

« 川崎市予算案 | トップページ | 東フィル »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ