なおログ[Blog]

« 経済効果200億円 | トップページ | 胸を張れるか »

2010年9月26日 (日)

坊主憎けりゃ袈裟まで。。。

今日は秘書の話。せんせー、せんせーなどとチヤホヤされ、呼ばれ続けると何か偉くなったような錯覚に陥る。

それは秘書とて同じ。代議士とは衆議院議員のことをいうのだが、その代理である秘書も丁重に対応される。勘違いするのもいれば、いつか自分もと野心というか下心を孕(はら)んでいる秘書もいる。

代議士の秘書というのは議員への特急券。親父の為に汗を流して報われるというケースもあるが、下心から出馬した人はどこかで躓(つまづ)く。

真贋の目利きは経験のなせる業であるが、一番手っ取り早いのは、代議士の名前よりも自分の名前を大きい声で言う奴は間違いなく下心あり。わが師匠、田中和徳せんせーの秘書は絶対に自分の名前を名乗らない。「田中和徳の代理のものでございます」だけである。

さて、参議院議員の義家弘介氏、通称ヤンキー先生が、衆議院神奈川16区(厚木市周辺)の支部長に就任。ということは、次回の衆議院選挙の候補者となる可能性が高い。参議院からの鞍替えとなる。

当人の話をある会合で聞き、熱のこもった話に「これはぜひうちの有権者に聞いてもらいたい」と、支部長を説得し、機会を設けようとしたことがあった。

言いだしっぺだから交渉役は私。しかし、双方の都合が折り合わない。

秘書の一言。「うちの義家はそちらと違って忙しいんです」。

「そうか、おれは暇なのか」。そっと受話器を置いた。

本人の資質こそ疑わないが、今以て複雑な心境である。

http://twitter.com/YamazakiNaofumi

|

« 経済効果200億円 | トップページ | 胸を張れるか »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ