なおログ[Blog]

« サトキン | トップページ | 久々の。。。 »

2010年9月16日 (木)

大きすぎる格差

今年の6月24日に「待機者の解消かプライバシーの保護か」という記事を投稿した。

特別養護老人ホームの居室整備について、国は個室の整備を求めているが、まずは多床室を整備して待機者の受け皿を広く確保すべきだと思うのだが。。。。と意見を述べた。

朝日新聞の朝刊に「耕論」というコーナーがあるのだが、8月27日の欄に「特養 個室か相部屋か」という記事があって、宮城県知事が同様の意見を述べておられたのが心強い。

今後の一つの論点になるものと思われる。

同じ保険料を払いながら、とりわけ特別養護老人ホームに入居が叶った人とそうでない人との格差はあまりにも大きすぎる。本来であれば一刻も早く施設整備を図るべきなのだが、保険料との兼ね合いが難しい。

既存の保険料4千円を倍にすれば、かなり進むと思われるが、厚労省は夫婦で月額1万円を超えると負担は厳しいとの見方を示していることからこれ以上の大幅な増額は相当困難と思われる。

仮に、介護度3以上の方、全員が特別養護老人ホームに入居したと仮定した場合、どの程度の費用がいるのか、介護保険料はどうなるのか示される必要がある。

保険料増額の合意を得られるのか、現行はあくまでもその名の通り保険制度であるが、税金の投入が必要だとすると制度の根幹が崩れる可能性がある。

そうなると、いっそ田舎の大自然の中にシルバータウンを作ってしまったほうが良くはないか。姥捨て山などという人もいるが、大都会の喧騒の中よりもよほど心豊かに暮らせそう。

介護保険制度を持続可能なものにする為にはそういう選択肢があってもいいのではないか。

http://twitter.com/YamazakiNaofumi

|

« サトキン | トップページ | 久々の。。。 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ