なおログ[Blog]

« 不運の名選手たち | トップページ | ベンツとワゴンR~前編~ »

2010年1月21日 (木)

「国のつけ回しをされた」

阿部孝夫市長のコメントである。

何がつけ回されたのか。

現在、幼稚園に通わせる費用には国からの助成(就園奨励費)があるが、政権交代後、国がその制度を見直したことに伴い、一部において保護者負担の増加が見込まれるというものである。

助成金の総額はほとんど変わらないが、低年収の世帯に対して手厚い補助をしたが故に、中流世帯の補助額が減額されるというもの。

本市の場合、その減額の対象世帯は84%となる。昨年並み水準を維持するとなると1億3千万円の財源が必要となる。

国の勝手な言い分により罪の無い保護者が困る訳であるから、本市で何とかしてあげようという判断は次善の策として止むを得ないとしても、そのカードのきり方は考えたほうが良かった。

国の制度見直しに伴いほとんどの世帯に追加負担が発生することになった。国に働きかけたものの効果が無く、止むを得ず本市が尻拭いとして負担せざるを得なくなったという事実を広く知らしめるべきではなかったか。

|

« 不運の名選手たち | トップページ | ベンツとワゴンR~前編~ »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ