なおログ[Blog]

« ミスター鉄道の夢 ~鉄道事業とは?~ | トップページ | ミスター鉄道の夢 ~横浜市との橋~ »

2010年1月27日 (水)

ミスター鉄道の夢 ~辻褄あわせ~

鉄道事業は国の許可事業だけに計画書を提出せねばならない。

計画書には事業費から輸送需要等まで調査の結果が盛り込まれている。

こんなご時勢であるから事業費は概ね妥当なところと思われるが、問題は輸送需要、いわゆる乗車見込みである。

多額の費用をかけて専門の会社に委託をしているのだから、インチキとは言わないが、眉唾に近い面もあるのではないか。みなさんもよ~く目を通されたほうがいい。

ごく普通に考えてもそんな乗らない。他都市の事例でも当初の乗車計画を下回りこそすれ、上回ったなどという話は滅多に聞かない。

何故、そうなるのか。鉄道事業は40年で採算性を確保すべきという国の基準があるがゆえに、辻褄あわせになっているのではないか。業者だって一応そういう基準になっていると伝えておけば、商売の為にはそれに添って作るというものである。

乗車見込みを公表すれば、必ずケチがつけられる宿命にある。しかし、第三者どころか推進論者側から見てもケチをつけてくるほうに分がありそうなのである。

であるならば、むしろ低めの数字を公表したほうがいいのではないか。年度単位の赤字は論外だが、40年間の累積で建設費用の一部これだけは賄いきれません。税金で御願いしますと。

まあ、市も適正な計画ですとの一点張りだと思うが。

|

« ミスター鉄道の夢 ~鉄道事業とは?~ | トップページ | ミスター鉄道の夢 ~横浜市との橋~ »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ