なおログ[Blog]

« つわものどもが夢の跡 | トップページ | どうする普天間 »

2010年1月12日 (火)

男のパンツ

下品なタイトルにて失礼。

支援者との世間話がたまたま母子家庭の話題に及んだ。離婚の増加とともに母子家庭も少なくない。

以前は、戦時の犠牲や不慮の事故等に残された母親が女手一つでは生活も大変であろうという趣旨の下、様々な支援が行われてきた。

今はどうか。女性の社会進出も進み、気丈な女性も増えてきた。がんばっている。それはそれで結構なことなのだが、その反面で弱者救済に名を借りたタカりの構図も見え隠れする。

とりわけ生活保護は、持ち家や貯金がゼロになって初めて受給できるものだが、離婚後の慰謝料にまで目が届いているかどうか。

調査員も税金から給料を貰っている身。弱い立場にある。また、良心の呵責からそこまで踏み込めるか。

生活保護に加え、慰謝料や臨時収入があればかなりの生活が出来るのではないか。

万策尽きてやむを得ず生活保護に頼らざるを得ない方々のご苦労を察するに、そのような行為は許されるものではない。

受給者には訪問調査が義務付けられているが、母子家庭の物干し竿に男のパンツが干してあったらしい。

そりゃ納得いかないわな。

|

« つわものどもが夢の跡 | トップページ | どうする普天間 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ