なおログ[Blog]

« 1本の電話 | トップページ | かわさきの三大偉人 »

2010年1月15日 (金)

派遣村からの逃亡者

その言葉だけはすっかり定着した感のある「派遣村」。

昨年とは違い、今年は東京都が設置主体となった。

その村民に就活費2万円を支給した途端に行方不明者が続出したという。

所詮、目先の生活費だけ何とかなればと来た面々ではないか。結局は大して困っていないのである。

都に意見が寄せられているというが、そのほとんどが、就活費としての2万円の現金支給や派遣村そのものへの否定的なものだったという。

だいたいネットカフェに寝泊りしているような連中は恵まれている。途上国の生活を経験してみるがいい。過去にネットカフェに「難民」とつけるとは難民のみなさんに失礼なネーミングではないかと議場で申し上げた経緯がある。

中国の故事に「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」というものがある。要は魚そのものを与えただけでは一晩限りの飢え凌ぎにしかならないということの意である。

また、村民も2万円貰って逃亡するなどというセコいことではいけない。魚の取り方、カネの稼ぎ方を考えるべきである。

仕事が無いなどと若者が戯言を言っているが、仕事が無いのではなく、(やりたい)仕事が無いだけではないか。

楽して給料が良くて、そんなおいしい仕事なんて無いっていうの。

|

« 1本の電話 | トップページ | かわさきの三大偉人 »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ