なおログ[Blog]

« 恩人 | トップページ | 特別養護老人ホームの整備促進について~代表質問より~ »

2009年12月15日 (火)

脱官僚

昨日、紹介したソフトボールのチームに新人が加入した。

インターネットでホームページを見て、興味を持ったという。現在は言語療法士として活躍をしているとのこと。

大学を卒業後、会計検査院に就職したものの、何かのきっかけから障害児支援に興味を抱いた。

一人でも多くの障害児を助けてあげたいとの想いから、専門学校に学び直し、言語療法士の道を歩んだという。

終身雇用が保証された国家公務員の世界を投げ出し、自ら苦難の仕事を選ぶとはなかなか見所のある若者である。

「この道を行けばどうなるものか。危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。踏み出せばその一歩が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ、行けばわかるさ。」

とは知る人ぞ知るアントニオ猪木の「道」という詩である。(元々は一休禅僧の言葉の引用らしい。)

若者は失敗しても失うものはない。既存の枠に捉われず、チャレンジする若者を応援している。

|

« 恩人 | トップページ | 特別養護老人ホームの整備促進について~代表質問より~ »

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ