なおログ[Blog]

2024年6月10日 (月)

疎開

南足柄市と聞いて浮かぶは足柄山の金太郎ならぬ、父の疎開先。奇縁にて知りあいし御当地の市議。少年時代の記憶と申してもあれから既に八十年。通いし小学校の名と近くにありし公民館、そして、ミカン畑が広がる農家、の三つを手がかりに疎開先の家を探し当てて下さったそうで。最後の孝行とばかり高齢の父を連れだって果たす感動の再会。その後、まもなく永遠の眠りにつかれたと。

当時の礼は言い尽くせぬ、とは横浜市の元議長。久々の再会も肝心の相手や既に改選期に辞職されて今や病床の身。今も残る当時の局長が相手をして下さったのだけれども語られし当人の過去。

ああ見えて当時は異端児というか屈指の「不良」にて質疑中にも野次は飛ばすは勝手に席を立って市長との直談判を始めるは、誰も手に負えなかった、と。皆様とともに議長会、その会長を務めた晩年は本当に温厚になられ。三政令市の皆様が支えて下さったおかげです、と。

さて、迫りくる代表質問に用意した私の原稿が「ボツ」になった、とか。折角の原稿を何するものぞ、なんて憤慨はせぬよ。大事なのは過程。その過程こそ成長の糧になるものであって作品など過去のものに過ぎず。いや、何と申してもボツになるとはそれだけ「尖っていた」証。

具体的な内容に今後の対応云々と「平凡」な項目などまさに予定調和の最たるもの。待ってましたとばかり延々と答弁が続き、いつの間にか最質問の時間が足りない、なんて。

むしろ厳しい質問とあらばそれ自体が世の賞賛を浴びるばかりか、その中にあっても頑として妥協を見せぬ答弁は同じ内容といえど一層の価値を有する訳で。これぞ、見てよし、聞いてよし、答えてよし、の。バカだな。

で、肝心の内容は指定管理者制度の是非。制度の施行から二十年。利用者の目線が主であるべきも、こと近年はそれ自体が目的化するあまり。民間ありきで検討が進むこと自体、社会的な風潮に追従する安易な選択であって、公務員としての矜持に欠けると言わざるを得ぬ、と。

確かに当時は役所の特権とばかり他の参入を許さず、民間に、との選択は正解だったと思うけど。それとて、本来ならば、そこに何がどう変わったのか、何故に直営では出来なんだか、と思考を巡らすべきところ、契約後は手が放れたとばかり。

とにかく「つつがなく」と。とすると契約額とてとりあえず予算内におさまっていれさえすれば、なんて。とどのつまり、発注側が握るべき手綱が相手側に握られておるまいか、と警鐘を鳴らしたつもりが。ということで、出かける先は。

雄大な大自然を生かした国内屈指の名門にて遭遇するは野生のキジ。繁殖期にあって警戒心から姿をくらます中にあっても相手に居場所を知らせねばならぬ。草むらに鳴くは結構、されど、フェアウェイの上にいては外敵に。いや、オレのボールが当たっても知らんぞ。

(令和6年6月10日/2858回)

Img_4525

| | コメント (0)

2024年6月 5日 (水)

鶯宿

公衆の面前、それも少年野球の開会式とあらば尚更のこと、既に整列しとる中にそんな冴えぬ顔と気だるそうな足取りでやって来られてはかえって評価を落としかねず。身から出たサビとはいえ、んな中に身を置いとるから運気が上向かんのであって、たまには自然の中に身を任せて。それにしてもペッカーズの選手宣誓はよかったナ。
収穫が最盛期を迎えるに人手が足りぬ、と聞いて今年も。たわわに実りし梅の木を相手に。一つ一つ丁寧に収穫していくのだけれどもこれが本当に無心になれるもので。枝とて四方に伸びるよう手を施せども思い通りにならぬが自然界。地面から届かぬ上のほうにも。
脚立が倒れぬよう足場を固めるまでは誰しもが。脚立の上から手を伸ばさんとするにあとほんの少し、そのひと伸びが命取り。ドスンなんて。されど、土の上に大の字でたわわに実りし梅の木と青空を眺めるなんて経験はなかなか。
足りぬ手を補わんと求人に依頼すれども高所を伴うに難色を示されたと園主。まさにそれこそが労働なるもので、身体を酷使するに対価を貰うは当然。されど、百キロのレース然り、酷使する方が対価を払うにやはりそれだけの価値があると見るのが。今回の品種は鶯の宿と書いて「鶯宿(おうしゅく)」というのだそうで。
そう、障害者施設の施設長Nさんが乗り合わせた路線バスにて聞こえてしまった隣りの会話。派遣会社の担当と思しき人物に求人に応募した中年の女性のやりとり。
電話が鳴ったら見に行けばいいだけ、あとは応接で寛いでいれば、との説明に喜びを隠せぬ相手。会話の内容から察するに同業者らしく。事業名の通りあくまでも「預かる」ことこそ本分であって、それとてちゃんと使命を果たしとることには違いないのだけれども。果たしてそれでいいのだろうか、との素朴な疑問。
利用者に一方的に施設があてがわれた措置の時代から今や利用者の「選択」の時代。Nさんの施設が高い人気を誇る理由の一つや日課とされる近所の散歩。それとて義務にあらず、むしろ、施設側には余計な仕事というか。されど、当事者にしてみれば。
おおはしゃぎの中に脱走、というか行方不明になる子もいたりして。過去には警察沙汰にも、とNさん。が、そこは保護者も慣れたもので。そんな新たな刺激が症状の改善、子の成長に繋がることは科学的に証明されているとか。事実、施設側のそんな献身的な姿勢に選ばれる方が大半を占めるとか。
歯磨きすら出来ぬ子、それが障害児ともなれば尚更。歯の不衛生は万病の元と知れど、押しつけるに反発は必至、やらせずとそのように仕向ける、というか彼らの精神構造を理解した上で自発的に行えるよう。いや、実際にそうなるのだそうで。
それこそがやりがい、と施設長。当事者に「寄り添う」などと言わば響きこそいいけれどもその解釈や様々。貰える対価は同じなれど、やはり利用者に喜ばれてこそ。それこそが「福祉」だと思うけど。

(令和6年6月5日/2857回)

| | コメント (0)

2024年5月30日 (木)

新札

塾に通い詰める日々に迫られる進路選択。滅多におらぬ自宅にて「たまたま」聞こえし母娘の会話。意中の志望校を伝える娘に妻がひと言、「そんな偏差値の高い学校では異性が寄りつかぬ」と再考を求め。この御時世にあって何をかいわんや、耳を疑いしその一言に「学歴を前に交際を躊躇する男など相手にするな」と娘の背中を押した、つもり。が、んな話はそこに限らず。

無事に授かることこそ夫婦の願いとなるはずも。二人目も女児と聞くに「くそ、またかっ」と吐き捨て向かうは玄関。「待て、子の名だけでも」と止める義兄に「名前なんぞ勝手に」。「ならば、せめて一目」との静止を無視して家を留守にすること十日。あれから数年の歳月流れ、迎えたある日。

父親の必死の説得に首肯せぬ長女。口を挟みし義兄に「女はいい縁談に恵まれるが何よりの幸せ。そんなことをすれば嫁の貰い手が」と諭されてうなだれる父。あきらめかけて目に入るは十日も放っておいたその娘。「おまえは行くよな」の投げかけに。

数え八つにして使節団に加わり異国の地へ。父親想いの聡明な女の子の名や「梅」。そう、まもなく登場のその人物を描きし小説「梅と水仙」(植松三十里著)。才人を育てるは賢母のみにあらず。その時代に生きた父親の豹変ぶりが何とも滑稽であり。

閑話休題。委員会にて報告受けるは保育園の利用状況。倍率「二」を超える中にあって埋まらぬ定員の不思議やいつぞやの投稿の通り。一年とされた育児休暇も延長されて。満額といかぬまでも給与が保証される上に国の手当ても。入れずとも結構、いや、むしろそのほうが好都合。入りたくとも入れぬ「証拠」さえあれば。

制度的にそうなっとる以上は不正とは言わせぬ、されど道義的に、って話で。ついた名称が「落選狙い」の申込とか。定員を定めし以上は見合うだけの保育士の確保を求める反面、逆はあずかり知らぬでは。いや、その為の非正規と申しても「今年だけ」なんて勝手な都合にいい人材が得られるか。

のみならず、少し前までは自由な往来が許される中にあって、選ぶ方も選ばれる方もそれなりの心づもりで入園を迎えていたはずが、数日前に手渡される一枚の名簿。初対面の園児と保護者を相手に悪戦苦闘を強いられる園側。そう、今や入園の申込は「自動的」に処理されて。

満たずとも保育士分の助成はキチンと手当されている、との答弁もどことなくカラクリがありそうに見え。そんな時は不思議と仕草に現れるもの、見逃さぬ市議にかみあわぬ答弁。何よりもそこまで順調ならば現場の悲鳴は聞こえてくるはずもなく。過剰な保育士を抱えるは無駄と知れども当事者の苦悩すら知らぬようでは役人こそ無駄と思われても。

そもそもに「落ちた死ね」が扇動的に報道されて青天井の財源が手当てされたあの時代。肩で風切る勢いに前のめり感はなかったか。いや、彼らには彼らなりの苦労があったやもしれず、が、やはり社会の風潮に翻弄されるあまり着地点を見失いし非は拭えず。それとてちゃんと聞く耳を立てておれば。追い風の時ほど慎重に。

(令和6月5月30日/2856回)

| | コメント (0)

2024年5月25日 (土)

信号

万一に備えて匿名性を保つ、というのが賢い選択と知るも、およそ相手に察しがついてこそ。調印から二年、既に現役を退きし二人に対して、向こうは現職の市長。今以て招かれるはよほど。

全国市議会議長会なる団体があって、当時の会長選考を巡る一幕。そこまでの過程とて紆余曲折に秘話あれどそれは棺桶まで。そう、迎えた最終局面、満場一致で横浜市が選出される見込みが突如。我こそが改革者也、討ち死に覚悟で決戦に臨まんと立候補を表明されて。てんやわんやの大騒動。

所詮は対岸の火事、知らぬ存ぜぬと逃げんとするに降りかかる火の粉。当事者同士の交渉は破局の目もあり、政令市の好、緩衝役としておぬしに。いや、何も本市にあらずとも相模原とて。なに、議長が辞職?この肝心な時に。ということで、説得に何度現地に足を運んだことか。何せ既に内定している人事を覆さんと自ら手を上げるような変人。当時、示された条件の一つが職員の派遣。それも費用は派遣側の負担。つまり派遣される側、横浜市にとってはタダで。

人口数万人の御当地にとっては安からぬ負担なれど、必ずやわが市の為に、との本人の想い。あれから二年、当時の議長から市長への転身を図られ。その期間を更に延長されるとか。変人にはそちらが向いとるとは言わなんだが。水を得た魚が如く辣腕を振るっておられる様子にて。

さて、四年に一度の海外視察の年。意向調査に「不参加」との回答寄せるに他会派から。最大会派にあって一枚岩にあらずとはこれいかに。いや、こちとて何も趣旨に反対するものに非ず。むしろ為替相場に物価高なる状況下にあって大幅増額すべしと声高々に公言しとるのだから逆賊呼ばわりは甚だ心外。容認派どころか積極的推進派にあって内政干渉もいいところ。批判を押さえんと画策する行為自体が負い目の証拠だったりもして。

全会派の合意を得たはずが、批判を寄せる、それもタウン紙などに堂々と投稿寄せる奇人ありて。言語道断、紛糾すれど、所詮は言ったもん勝ち、やったもん勝ち。その後の処分は耳にすることなく。以降、猜疑心だけ増幅されて迎えた今年。行かぬ人も批判せぬようにとの踏み絵というか、未だそんな確認を。そう、賛同したとは申せ、昨今の世情を見るに、というのが本音に近いところか。会派によっては派遣の人数を絞ってみたり、村の総意として不参加を決め込む中に無言貫いてこそ信義と。

いや、行かねば損、などと野暮になく。不参加とあらばそれだけの費用が「浮く」訳でそれを手柄とばかり善人ぶるつもりとて。ただ行かずと許されるならば、ってだけの話。そっとしておいて下されば何ら。弾圧されるに抵抗してみたくもなるが人の心理。不参加の意思表明に何もそこまで、というのが。

赤信号みなで渡れば怖くない的な発想の最たるもので。赤信号を渡るに咎めはせぬ。されど、何も好んで他人を巻き込まずとも。いや、あくまでもたとえ話、信号は守るに限る。自らは見て見ぬフリなれど他人の行為は見逃せぬ、とは何ともさもしい面々にあるまいか、と言いたいだけで。

(令和6月5月25日/2855回)

Img_4410

| | コメント (0)

2024年5月20日 (月)

頂点

旅先の土産は賄賂か否か。せめてそんな時位は世話になりし担任に、との助言むなしく。一切禁止が規則、と孫から窘められ、と町会長。

所変わって運動会。望まずと来賓として迎えられるにさすがに手ぶらは。子らの為に尽くす先生方へのささやかな謝礼、それとてあくまでも善意なれど、受け取れぬ、と学校側。いや、しかし、どこぞの学校では。分かれる対応。「固辞」が原則なれど、その限りにあらず、との方針がかえって。

そこに差が生ずるに逆に求められとる気が、なんてのは個人の勝手な妄想に近く。何食わぬ顔で甘んじておればいいだけの話なのだけれども、そんな慣習は廃止すべき、なんて騒ぐ輩に市教委まで振り回されて。「固辞」などとカタイこと言わずに「気遣い無用、されど善意は拒まぬ」とでもしておかば。まぁほんとにせちがらい世の中にあって、嫉妬心とはかくも厄介なもの也。

閑話休題。民族、宗教を巡る対立は今に始まったものになく。緊迫の中東情勢。利用「した」か「された」か、あの傲慢な作曲家と独裁者の間柄は世に知られたところにて、あえて禁忌を破りし指揮者の逸話はいつぞやの通り。

あくまでもアンコールゆえ、いやなら退席も止めぬ、曲に罪なく、ただ純粋にこの曲を、と選択を委ねるに退席は数人。演奏後は割れんばかりの拍手に包まれるも、翌日以降はマスコミの批判にさらされ。がっかりした、とは本人の述懐。

十五歳の当時、マイアミのゴルフ場に貼られし一文、「ユダヤ人、黒人、犬お断り」を例に。あれから六十年、黒人の大統領が誕生する時代にあって、人種、宗教への偏見と音楽について独自の見解を披歴しておられ。著書に語られるはワーグナーとの関係。そして、約三百年に渡る音楽的思考の頂点に立つのがその人物と評価を寄せて。

読むは「恋愛」のみならず、目下、当代の名指揮者がこぞってその作曲家を語り尽くす一冊を。当人の指揮者としての名声は当時から広く知れ渡るところなれど、作曲家としての評判や。英国ではほんの少し前まで「冗談扱い」だったとはある指揮者の談であって、歯に衣着せぬ論評に学ぶ曲の深淵。

市制は百年なれどこちらは開館二十年。当時、こけら落としに選ばれし当人の曲を巡り、市に再考を迫るは今は亡きKセンセイ。彼もまた狂信的な信者にて、当該の作曲家に異論なくも曲番がダメだと。でも、さすがに変わらなかったな。グスタフ・マーラー交響曲第八番。

私などはさすがにストラヴィンスキーほどの拒絶感は抱かぬにせよ、兎にも角にも「長い」というのが偽らざる感想であって、当代の名指揮者らもやはり最初は。彼らを迷わせるは楽譜に記されし本人の注釈。その意図はなんぞやと思案する中にあって生まれる解釈が曲を全く別なものに。とするとこれまで長くて「退屈」だったあの曲とて実は。

サマーミューザも販売開始。ちゃんと当人の曲も含まれ。演目は七番。挑むはあの指揮者。果たしてその解釈やいかに。

(令和6月5月20日/2854回)

| | コメント (0)

2024年5月15日 (水)

綱引

異動後、初めての庁内会議。局長以下、顔合わせ等の重要な意味を有する初会合に遅参ならぬ欠席とは大物の証。あの彼がなぜ、今の役職とて似つかわぬ、というに、更に上の役職を狙いそうな勢い、とか。

いや、本人にすれば当然、とその気でおられたやもしれず。更なる昇進に欠かせぬは市議の口利き、と本人が思ったか否か。数軒隣りのテントまで押しかけて、腕を掴まれたまま。さながら署に連行される犯人が如く。さ、さ、こちらで、との自宅に招き入れるかの歓迎ぶり。段ボールをテーブルに見立て並ぶ豊富な酒類、どこに隠していたのか、崎陽軒のシュウマイ弁当を酒の肴に。

当人曰く、仕事の要諦は「出来るものはやる、が、出来ぬものはやらぬ。そこに尽きる」と豪語するも、いや、白を黒にしてこそ、と言いかけて。いや、私なんぞは野球部の出身にて学年が一つ違わば上の命令は絶対と、その割には局長よりも。言わずと知れたH部長。

昔ながらの大企業にあって連帯を保つに欠かせぬは福利厚生、その中でも。家庭を顧みず会社の為に尽くすことこそ美徳とされた時代にあって、せめて年に一回でも家族との時間を、と。

今や子は両親がともに育てる、いや、社会が育てるなどという時代。春休みに旅行でも、と父親を演じるに余計な口を挟むなと妻に窘められ。そんな独身族にとっては人事異動に離れた職場にあって再会の場ともなり。

集団よりも個が優先されがちな今日、薄れゆく価値観。少なくとも私は大賛成。数年ぶりの職員運動会が行われ。

こちとて親子水入らずの中にズケズケと介入はせぬ。そう、誘いを受けるはその局にて。ちゃんとTシャツも用意してあると。呼ばれたからには手ぶらでは行かぬし、どこの局とて課題を知り得る身、ちゃんと自らの役回り位は。

ヤンチャな連中が大半を占める中に迎えるは新任の局長。畑違いもいいところ、それも主計上がりと聞かば任務はそこしか浮かばぬ。既に十分に疲弊した現場にあってこれ以上。募る現場の不安。が、そんな事情は向こうとて同じ。自らの役職こそ上なれど現場の荒くれ者たちを相手に一揆など起こされては。互いに掴めぬ相手との距離感。そう、キャッチボールの舞台こそ。

が、連行されて以降、帰るに帰れぬH部長の独演会。業を煮やした現場のMさん、センセイ、出番、と救いの手。運動会といえばその種目。局別対抗の綱引。下馬評の通りの勝ち上がりを見せ、迎えるは準決勝。相手は上下水道。確かにヤツやも腕自慢を抱えているだけに侮れぬ相手。そうか、オレの出番か。昔は力自慢でならしたこの腕力で。ましてや私服とあらば見分けはつかず、ゼッケンさえ借りてしまえば。いや、光る監視の目は盗めず。

それでも勝利して迎えた決勝の相手や。庁内屈指のあの部局。いや、さすがに奴らは腕立て伏せが仕事のようなものにて万が一にも。いや、個人戦ならばそうかもしれぬ、が、団体戦とあらば。そこに綱を握るは新局長。どう見ても腕力よりは頭脳にしか見えんのだけれども自ら現場の最前線に立たんとするその心意気やよし。そこに生まれるは一体感。

優勝胴上げが何ともいい雰囲気で。あとは心配いらぬ、か。

(令和6月5月15日/2853回)

| | コメント (0)

2024年5月10日 (金)

恋愛

今も昔も人の関心は不老長寿と健康にあり。謀反の罪にて投獄されるは名医、華佗。上の目を盗みて囚人に親切施す獄卒。断頭台を控えた前日に恩返しと渡される一冊こそ秘伝の。

持ち帰りて妻に語る事の経緯。極意を手に医の道を志さんと告げし翌朝、妻に燃やされるは青嚢の書。何とバカなことを、と詰め寄る亭主に妻がひと言。今ふたたびの悲劇を繰り返す気か、と。三国志の一話。妻に見つからねば、今日はそんな話。

旧家にあって長兄にあらずんば。放蕩の限りを尽くし、か否か。芸は多岐に秀で、趣味は人後に落ちず。孫に恵まれ、何一つ不自由なき幸せな余生、のはず。久々の来訪に持参いただく一冊。「謹呈」と自筆によるサイン本にて売るに売れず、とは冗談也。

自ら生きた証と自伝の類が綴られること少なからずも得てして当人に都合よき美談として。のみならず、実名とあらばあらぬ誤解を招く元凶にもなりかねず。ウソでもその一文さえあれば。当作品はフィクションであり云々。

着想得るは二年前、八十迎えるに、と当人が挑むは小説。それも「恋愛」。書くに欠かせぬは経験。自らの体験を世に問わんとばかり。日夜、書斎にてコツコツと積み上げし原稿。そこに細心の注意を払いしはずが、完成を目前に奥方に見つかってしまい。二日間、口を利いてもらえず、と本人。

チラつくは離婚、いや、それ以上に肝心の原稿が。もはやこれまで、との窮地を救うは御令嬢。原稿一読の上、絶対に出版すべし、資金とて私が、と出版社との交渉に。晴れて日の目を。究極の恋愛小説、とオビに記されし本の一話に描かれるは「初恋」。雷に打たれたかの如き衝撃。胸に鳴り響くはその曲。まさに「運命」の人とばかり。

バカ正直に貫かれるは一途な想い。されど望めども叶わぬが恋なるもので。彼女が居らぬ人生など何ら意味を為さぬ、と傷心の日々。純粋な作者、いや、「架空」の主人公が思い詰めて選ぶはその道。投身を図らんと崖上に立つ本人を踏みとどまらせるは。ネタバレにて何かは言わぬ、が、やはりそれだけの価値がある、と私も信じてやまず。

そう、既に金婚を終えた夫婦間にあってその位ならば何もそこまでこじれずと。いやいや、そこに「究極」の名が付く以上は期待外れに終わらせず。第二部に描かれるはその後。なれそめと婚後の日常。時に官能小説ばりの生々しき描写に描かれるは睦まじき夫婦愛というよりも。不謹慎ながら作者が主人公に重なるに下手なベストセラーよりもよほど。

私なんぞも何度か御自宅にお招きいただいたことがあるのだけれども次回は奥様の顔を正視できぬかも。あくまでもフィクションとはいえ、老いの道楽とはかくも恐ろしき、なんて。そんな縁なくば巡り合わぬ珠玉の一冊に一筆礼状をしたためんとしてはたと気づく。感想記せども奥様の目に触れては私まで。ゆえにそっとメールで。

そう、肝心の書名や「かなしき恋」。著者は本市在住、とだけ。

(令和6月5月10日/2852回)

| | コメント (0)

2024年5月 5日 (日)

女中

忘れもせぬ、昨年のさんままつりの帰り道。通りかかるは公民館。老齢の身には家路遠く、トイレを拝借せんと中を覗くに若い着物姿の男性が一人。

はて、何を、声をかけるに、これから寄席と。寄席と申しても客一人おらんではないか。聞かば、転居してまもなく、地元にて一席、と催せどもかくの如き有様と。木戸銭位の手持ちはあるけれども、客一人ではやりにくかろう、手拭の一つでも、と義侠心に厚きKさん。そんな話を後日に聞いて。

アルテリッカしんゆり、演芸座二ツ目落語会。しんゆり在住もしくは「らしき」落語家、それも真打ちならぬ二ツ目とは粋なはからい。そこに見かける当人。演目前の枕の話題や公民館の一人寄席、とはならねども。二ツ目だけに呼ばれればどこだって。アキバのメイド喫茶に小学校の出前講座。出向く労こそ厭わねど通じぬは言葉。定番の長屋に女中。そう、女中とはメイド。そんな創意工夫はいづれ必ず。閑話休題。

その公園の入口付近の大木が大型連休に見事な花を咲かせると聞き。木の名やナンジャモンジャ。それ以外に大島桜にアメリカデイゴと普段は目にせぬ品種が。それも緑豊かな本市の北部ならぬ工場に囲まれし臨海部の一角に。なぜに。人の営みに欠かせぬは緑。埋立地、潮風に晒される中にも立派に成長する姿を後世に、と当時の担当らが。それこそがまさに「レガシー」なれど、いつしかそんな経緯も受け継がれず、忘れ去られるが常。

力士の髪結とて。稲毛神社の境内に現存する大銀杏。戦火に焼ける中にあっても新たに息吹を取り戻すはまさに御神木にふさわしく。その門前にあれだけの並木を手がけた当時の担当。そう、市役所前の銀杏並木。それも黄金比の円錐を維持した樹形は景観百選にも選ばれ。それとて本市の叡智を示す証。緑化フェアなど絶好の機会となり得たはずも、事情を知らぬ担当の指示に業者が見事に伐採。覆水盆に返らず、何とも惜しい、と地元の植物博士、ならぬ、元局長。

生態系の不思議やそこに限らず。昔からその獰猛な種族は近くに生息し。絶えず脅かされつつも共存が図られてきた歴史。当時などはそれなりの接触が図られる中に磨かれる互いの免疫。我らが現役時代などは膝つき合わせて丁々発止、とは隠居組の回想。んなエラそうな話を聞かされても実際は。中には不器用なものもおれば、それだけは断じて許さぬとばかり憤慨することもなきにしもあらずなれど、それでも今ほどまでには遠くなかった気も。掴めぬは互いの間、距離感。

いみじくも過去の質問にそのへんの極意記され。公園におけるボール利用を取り上げた野球狂のUセンセイ。本題から脱線、いや、派生して説くはキャッチボールの効能。それは野球に限った話になく、生存の上で大事な心構え、視点であり。市議会の会議録にて「心のキャッチボール」で検索を。それとてレガシーか。

(令和6月5月5日/2851回)

Img_4330

| | コメント (0)

2024年4月30日 (火)

目安

新学期、新たな所属は文教委員会。期せずして隣りの会話が聞こえてしまい。

今回はどうか、好評を博した前回以上、と返答するは当選同期のHセンセイ。当人の質問に含まれるは朝の連ドラ。その一場面になぞらえて市政を斬る、というか「諭して」おられ。私など見る余裕なく、手にするは当人を描きし文庫本。これで話題に乗り遅れずに。迫る定例会にていかなるシーンを取り込むか。

わがままは許さぬ、縄を付けてでも、なんて、いないよな今どき。委員会にて報告を受けるはそちら。不登校の責任や学校側にあり、とそこまで押しつけられるはちと。さりとて、その義務や学校ならぬ親にあり、などと涼しい顔をしてもおられず。誰一人取り残さぬ、学校側とてキチンと対応を、と答弁するに市議による砲火は免れず。こと教育とあらば絡むは価値観。「かくあるべし」と誰しもが一家言を有するだけに。じっと黙して聞いている中にあって。

一因に挙げられるは学習のつまづき。自らの評点の横に記される平均点が本人に与える重圧こそ不登校の原因にて削除すべし、と委員の一人。いや、確かにそこに劣等感を抱く生徒がいるやもしれぬ。が、隠さば治るか。それこそが現実であって、そこに目をふさぐは臭いものに蓋にあるまいか。

レースの完走証に記されるは着順に完走時間。世にたった一枚の自らの存在の証。順位とて気にならぬかと言われればウソになり、されど、この年齢にあって今さら表彰台など目指さぬ、たとえビリでも完走こそを目標する選手とて。それはあくまでも一つの「目安」。そこに自らをいかにあてはめるかは個の勝手であり。

とすると平均点とて様々な示唆を与えてくれる材料となり。削除するは逆に生徒の可能性の芽を摘むことになりはせぬか。いや、仮にそんな生徒がいたとしても。それはあくまでも「平均」、及ばぬからと卑下するものになく。そこに当人の人生が決まるものでもなく、他に勝るものがあるやもしれぬ、そこを諭すことこそ教育の意義であって、教師の本懐にあるまいか、なんて。

いや、更に申さば、そもそもに子供とてそのへんの機転は働くもので、理由を問われるに仮にそうだとしてもイジメなどとは言わぬ、勉強が分からぬ、とでもしておかば。むしろ、向けるべきは生徒の内面であって。外野がいうほど簡単な話ではないのだろうけど。

そう、担任や友人に恵まれずとも。運不運も含めて理不尽と思える日々の中にも価値観が磨かれ、進むべき道を見つけていくものなれど、昨今は放任が過ぎて。下手に干渉するは後々厄介とばかり、不干渉こそ最善と口を挟まぬ大人が増殖中とか。

叱るに叱れぬ、子を叱れぬ時代にあって、自主性に委ねられるは一見よさそうに見えるも。得てして不器用な子に限って人の手を必要としていたりもして。色んなコト、モノに触れるは決して損にならんと思うけど。あくまでも私の価値観ですが。

(令和6月4月30日/2850回)

| | コメント (0)

2024年4月25日 (木)

尻餅

その出で立ちやどう転んでも市議には見えぬ、と事務員。いや、こちとて週明けの月曜とあらば何かと対応に追われがち、朝イチの便にて現地から戻っただけの話。仕事に服装は関係なく、とりあえず、その格好のまま。
それはレースに限った話になく。癖とは抜けぬものにて、ひとたび棄権すれば次回も「まっ、いいか」なんて。とにかく前回が誤算。上がる難易度にこんどこそ失敗は許されぬとの重圧。雨の日とて休む訳にはいかぬ、と性懲りもなく。発熱なくも咳が止まらず。夜などとりわけひどく、寝不足が続き。治るに治らぬ咳の原因はもしや。
止まらぬ咳に呼吸すらままならず、遠のく意識。こう見えて小児ぜん息の重症患者にて当時は本当にこのクスリに救われ。以降、捨てるに捨てれず。そんな昔のクスリがよく効いたな。
んな状況下に挑むは40kmのトレイル。舞台や北九州の平尾台。大自然が織りなす景観。カルスト台地に不思議と生まれる一筋の道。本来ならば眼下に広がる雄大な自然、のはずが当日の天候や雨、ばかりか霧に視界晴れず。どろんこレースの様相にて。
滑って転んで尻餅ついて。用意されたロープ手繰り寄せて斜面上がらんとするも足をとられて。それでもロングの部、出走400名を超える中にあって着順143位は総合順位であって、年代別ならば表彰台、そりゃないナ。
距離に難易度、制限時間は前回以上にあって完走を果たすに改めて顧みるは前回の敗因。どれだけ立派な車体に高性能なエンジンを搭載しても肝心のガソリンなくば。人の生存に欠かせぬは水と知るべし。
絶景こそ見逃せど補って余りあるはスタッフの親切心。完走証が雨にぬれてはと手持ちのビニール袋に包んで下さった係員。雨の中、どろんこまみれにてゴールするに、この期に及んで見てくれなど気にせぬ、が、当日の移動手段やレンタカーにてさすがにそのままでは。シャワーなどあるはずもなくトイレの洗面所とて手洗い専用。そこに居合わせるは清掃員の女性。水道に手持ちのホースを繋いでくれて。手袋のままで申し訳ないと詫びつつきれいに洗い流して下さり。あとはタオルで。本当に助かった。
そう、最近の相談の一つに公園トイレがあり。当該の公園は高齢者の方々の利用多くも不自由するはトイレ。あるにはあるのだけど、男女とも和式ばかりか目隠しなく。何せ老齢にてふんばりが効かぬ。人目につかぬ向きとはいえどさすがに丸見えは。
ならば自宅で、というけれども年齢とともに間隔狭くなるは生理現象。そればかりか、そこまで我慢できぬ、失禁とて少なからず。尿漏れなどズボンにシミを作っては。こと近年は紙おむつの向上が著しく、利用する高齢者も多いとか。

さりとて、履き替え後、捨てんとするに入れ物なく。持ち帰るにはさすがに。せめて専用の容器でも、とは切実な願望であって。現役世代には思い及ばぬ悩み。気づかぬは仕方あるまい。されど、誰しもがやがてはその年齢を迎える訳で。せめて、話を聞いた以上は。

(令和6月4月25日/2849回)

大会名:北九州・平尾台トレイルランニングレース2024

ロングの部40km/累積標高2,488m/制限時間7時間30分

順位143位(出場者433名/完走者288名)

Img_4281

| | コメント (0)

«本革

 
自民党
山崎なおふみは自民党の議員です
自民党ホームページへ
KAWASAKI CITY
山崎なおふみは川崎市の議員です
川崎市議会のページへ